この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

0ac67a85dddc28adf4b493271f3ece45_s

カップラーメンって無性に食べたくなる時ありますよね。

 

ささっと食べれて洗い物もほとんど出ないので、

忙しい時などはついつい食べてしまいます。

 

が、さすがに妊娠中ってどうなんでしょうか?

お腹の赤ちゃんに悪いような、母体にも悪いような・・・

 

どうなんでしょうか?

少し調べてみることにしました。

 


スポンサードリンク

カップラーメンは何がいけないの?

 

塩分が多く含まれている

カップラーメンに限らず、汁物には塩分が多く含まれます。

妊娠中は、特に後期になりますと妊娠高血圧症候群になりやすいので、

塩分のとり過ぎは注意が必要です。

 

妊娠中の一日の理想の塩分摂取量は8gですが、

カップラーメンには5~6gの塩分が含まれています。

 

一食一品でこれだけの塩分を摂取してしまうと、

残りはお味噌汁1杯飲んだだけで一日の理想塩分量に達してしまいます。

 

カロリーが高い

麺は揚げてありますのでトランス脂肪酸も含まれており、

カロリーが高いです。

 

栄養が偏ってしまう

ラーメンだけだと栄養が偏ります。

 

 

でも、悪いとわかっていても、

どうしても食べたいときってありますよね!

 

そんな時はこちらのポイントを押さえておくと良いですよ。

 


スポンサードリンク

どうしても食べたい時はこうしてみましょう♪

麺が「ノンフライ麺」や「生麺タイプ」のものを選ぶ

麺にも塩分が含まれていますので、油で揚げてあるものよりも、

当然ノンフライ麺や生麺タイプのものがオススメですよ。

 

全部食べないで残す

日本人としては、「もったいない」という気持ちが働くかもしれません。

ですが、健康のため、赤ちゃんのためなら少し残すのもアリです。

 

スープは塩分が高いので飲み干さない

スープが美味しくてつい全部飲んでしまいがちですが、

スープは残しましょう。

 

これだけで、かなりの塩分摂取を抑えることができます!

 

野菜をいつもより多く摂る

同時に、いつもより多めにカリウムを含んだ野菜を摂ると、

体外に塩分が排出されやすくなります。

 

ちなみに、カリウムが多く含まれた野菜とは・・・

  • ほうれん草
  • 里芋
  • おかひじき
  • 芽キャベツ
  • 山芋
  • 枝豆
  • アボカド
  • さつまいも
  • 明日葉

などです。

意外に納豆にも多くカリウムが含まれています。

 

どうしても食べたいときは、

たまにならば食べても問題はありません。

 

ただし、医師に注意されているのであれば、

極力食べるのは避けましょう。

 

まとめ

  • 毎日でなければ食べても問題はない。
  • 汁は残して、麺も半分だけ食べるなど、塩分をとり過ぎないように注意しましょう。
  • 同時にカリウムを多く含んだ野菜を多めに摂ると、塩分が体外に排出されやすくなる。

 

いかがでしたか?

 

いけないってわかっていても、絶対食べないなんてできませんよね。

 

我慢しすぎも良くないので、上手に工夫して、

息抜きしながら元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?