この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

妊娠中は、食べる物に本当に気を使いますね。

 

普段、何気なく食べているものが駄目だったり、栄養がありそうで体に良さそうな物が駄目だったり、結構難しいです。

例えば、昔から「うなぎ」はスタミナをつけるために食べますね。

でも、妊婦さんは注意しなくてはならない食品の1つなんです。

 

今回は、妊婦さんのうなぎについてお話をしていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

妊婦はうなぎ禁止?

「妊婦さんはうなぎ禁止!」と言うと、「うそ!?昨日、食べちゃったよ!?」という声が聞こえてきそうですが、大量に食べていなければ大丈夫です。

公益財団ダノン健康栄養財団によりますと「妊婦がビタミンAを7800μg/日以上摂取すると胎児が奇形を起こす可能性が高くなります。」といっています。

つまり、1日に7800μgとらなければ大丈夫ということです。

うなぎは、どのくらいなら大丈夫?

うなぎ100gに対して、ビタミンAは1500μg含まれています。

(うなぎ一切れは約50g。)

つまり、二切れで1500μgと言う事になります。

 

うな重にのっているうなぎは、4切れか5切れぐらいだと思います。(多分。高級なものは知りません。汗)

ということは、4切れ食べても3000μgですので、全然大丈夫ですね。

 

うな重を3つとか食べたら別ですけどね。

 


スポンサードリンク

肝もだめ?

では、うなぎの肝はどうでしょうか?

 

うなぎの肝は、100gで4400μgのビタミンAが含まれています。

100g食べてしまうと、摂取量はオーバーしてしまいます。

 

お吸い物に入っているうなぎの肝の1つの重さは4gです。

なので、普通にお吸い物を飲む分には、まったく問題はありません。

うなぎよりビタミンAが多い食品

うなぎも肝も通常に食べている分には影響はありません。

しかし、通常の量でも含有量が上限に達してしまう食品もあります。

例えば、鶏レバー100gの含有量は14000μgで、豚レバーは100gで13000μgです。

ということで、うなぎよりもレバー料理に注意しましょう。

まとめ

  • 妊婦さんが1日にとってもよいビタミンAの上限は7800μgです。
  • 妊婦さんがビタミンAをとりすぎると胎児に影響が出ます。
  • レバーのビタミンAの含有量がおおいですので、気をつけましょう。
  • うなぎも肝も、通常の量を通常に摂取している分には問題ないです。

 

妊婦さんのうなぎについてはいかがでしたでしょうか?

ビタミンAに関しては、うなぎよりもレバーの方が多いので、レバー料理の方を気をつけた方が良さそうですね。

それでは、楽しいマタニティライフをお過ごし下さいね。

 

栄養&カロリー計算

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/retinol_deal.html

公益財団ダノン健康栄養財団

https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazine/backyear/21-2009/546-44-3.html

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?