この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

お吸い物や茶碗蒸しなどの名脇役と言えば「みつば」!

添えるだけで、彩りも香りも良くなる優れものですよね。

 

しかしどちらかと言えば脇役になることが多いです。

それに、日持ちしないし余ってしまうから…と買うのを躊躇する方も多いのではないでしょうか。

 

そんな名脇役のみつばですが、彩りと香りが良くなるだけではありません。

鉄やカルシウムなどのミネラル、ビタミンAなどの栄養素がたっぷりなのです。

 

ですので、買うのを躊躇せず、普段の食卓に是非並べていただきたい!

そこで、今回はみつばを風味良く保存する方法をご紹介します。

 


スポンサードリンク

【1. 水に生ける】

2日程度で使用できるのであれば、お花のように水に生けて保存することが出来ます。

水温が高いと傷んでしまうので、こまめに水を変えるように。

または、生けたまま冷蔵庫で保存してください。

 

鮮度が落ちないので、サラダやあえ物など様々な使い方が出来ます。

【2. 冷蔵保存】

4~5日で使用するのであれば、冷蔵保存がお勧めです。

  1. 根元を濡らしたキッチンペーパーなどで包む
  2. みつばをポリ袋などにいれ口を縛り、空気に触れないようにする
  3. 冷蔵庫で立てて保存する

葉物野菜は乾燥させないことが大事です。

上記の方法で保存することで、風味を逃がさず、みつばを保存することが出来るので、様々な料理に使用できます。

 


スポンサードリンク

【3. 冷凍保存】

長期保存には冷凍保存がお勧めです。

1ヶ月~2ヶ月程度は保存が可能です。

  1. みつばを洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水分をふき取る
  2. 使いやすい大きさに切り、少し乾燥させる
  3. フリーザーバックに入れて、袋を膨らました状態で冷凍庫に入れる

袋を膨らませた状態で冷凍すると、パラッとさせることができます。

この方法だと、使うときに使いたい分だけ取り出すことが出来ます。

 

しかし、冷凍で保存すると、どうしても食感や風味が落ちてしまいます。

なので、おひたしなどには向きません。

冷凍保存したみつばは、茶碗蒸しやお吸い物などへの使用がお勧めです。

【4. フリーズドライ】

フリーズドライにすることで長期保存が可能になります。

やり方をご紹介しましょう。

  1. キッチンペーパーを敷いたお皿にみつばを広げておく
  2. 500wのレンジで5分加熱する
  3. キッチンペーパーに包んでほぐす

汁物に入れたり、お湯をかけて戻せば簡単に使用できますよ。

まとめ

みつばの保存の記事はいかがでしたか?

意外と簡単なひと手間で保存が可能ですよね。

 

みつばは香りが強いので、苦手な人もいるかもしれません。

特に、小さな子供は苦手でしょうね。

 

それでも、細かく刻み少しずつ料理に入れることで、味や香りに慣れて食べられるようになることもあるそうです。

みつばにはたくさんの栄養素が含まれているので、是非積極的に料理に取り入れてみてくださいね。

 

こちらの野菜も、みつばと並んで苦手な人もいるかも↓

パクチーの栄養でアンチエイジング効果?含まれる栄養素を徹底調査!

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

MAM@zouMAM@zou

二児の子育て中ママです。 天気の良い日は出来るだけ子供と同じ目線で遊びたいと思い、普段は近所の公園で子供と走り回っています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?