赤ちゃんとのお風呂楽しいですね。

家の小さなお風呂に入るより、大浴場でガラス越しに見る壮大な海の夕陽なんかを眺められたら最高です!

だけど赤ちゃんが生まれてから、なかなか行けないし…そもそも、赤ちゃんと大浴場って入って大丈夫なの?

という事で、今回は赤ちゃんとの大浴場について、お話ししていきたいと思います。

[ad#co-1]

スポンサードリンク

赤ちゃんに大浴場は基本的におすすめしません

温泉成分による刺激

赤ちゃんには温泉成分は、刺激が強すぎるって知ってました?

温泉成分といっても実に10種類近くあり、もちろん肌に優しく赤ちゃんや高齢者の方でも安心して入れる温泉もあります。しかしながら硫黄を含んでいたり、海の近くの温泉ですと塩を含んでいたりと、効能がある分刺激が強いということも忘れてはいけません。

大人でさえ湯当たりといって、気持ち悪くなることも多いですしね…。赤ちゃんには極力気をつけてあげたいものですね。

おもらし

赤ちゃんと入るとちょっと困るのが、おもらしですね。

お湯に入った途端「ふープルプル^_^!!」なんて気持ち良さそうに身震いしていたら危険信号ですねー。多分、おもらしをやっていることでしょう。

オシッコの方ならバレないから良いですが(いやいや、よくない!)、ウンチだった場合には、さらにドエライ騒ぎですね。

我が家の子供達は大浴場でやってしまったことはありませんが、家のお風呂の中でウンチをされてしまったことがあります!

私はお風呂の中で大パニックになり、体にタオルを巻いた状態で右往左往して大変だった思い出があります。

なので、子供が「ママ〜うんち出そう」と言えるくらいまで大きくなるのを待った方が良さそうですね。

へその緒

へその緒は、もうとれているかもしれませんが、気になるのが感染です。へそのおが取れた後の傷口がしっかり乾いて、綺麗になっていないと、バイ菌に感染してしまう可能性があります。へその緒が取れたからといっても安心はできません。

色々なことを考えたら、1歳近くなってからの温泉デビューが安心です。

バイ菌

ちょっとした傷からバイ菌が入ってしまうこともありますね。

赤ちゃんの皮膚は、とっても弱いのです。例えば冬時の大人の荒れた手で触れただけでも、引っ掻き傷ができてしまったり、そこにバイ菌が入り込むと化膿してしまう事だってあります。

また色々な人が行き交う大浴場だと、色んな病気を持っている人もいる可能性もありますね。いい例がイボや水虫などの感染症です。赤ちゃんのあの綺麗な肌にイボ?水虫?考えたくありません。

あとあと、皮膚科に行くのも大変ですしね。

お湯が熱すぎる

それからそれから、お湯が熱すぎるという問題もあります。大人が外のお風呂などで気持ち良いと感じる温度は、なんと42度ぐらいです。一方赤ちゃんの適温は羊水と同じ37度ぐらいです。大人向けの温泉は、赤ちゃんにはどうしたって熱すぎます。下手をしたら全身火傷や、熱中症の危険性もあります。

温泉の温度にはくれぐれも、注意したいですね。

スポンサードリンク

抱っこして転倒したら大変

温泉は結構滑りやすいものです。ただでさえ、温泉成分はヌルヌルするものが多いです。

その上まだ歩けない赤ちゃんを抱っこして、不安でいな状態でツルっと滑って頭を打ったら一大事!です。

しかも、下は石畳み!?が多いですよ〜怖いですね(考えただけでゾゾゾ。)

[ad#co-2]

それでも赤ちゃんと大浴場に入りたい場合は?

色々とリスクを考えると、赤ちゃんと大浴場は諦めた方が良さそうではあります。

赤ちゃんを家族にお願いして、自分だけ入りに行くとか。。。

でも、それでもどうしても、赤ちゃんと大浴場に入りたいって時もありますね。

そんな時は、温泉宿やちょっとしたホテルに行くと、貸切風呂というのがありますね。

そういったところを利用したり、ベビーバスを貸し出してくれる子供思いのホテルもありますので、そういったホテルや宿を利用するのがオススメです。

赤ちゃんOKの大浴場完備施設をご紹介!

それでは、子供思いの赤ちゃんOKの大浴場をご紹介します。

どうしても、赤ちゃんと大浴場や温泉に入りたいというママには必見です!!

〜赤ちゃんOKの大浴場ランキング〜

第1位

赤ちゃん歓迎の宿! 兵庫県 城崎温泉 湯楽
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/11351/CUSTOM/GW1135180102203435.html

第2位

妊婦さん・子連れファミリーにやさしい 伊豆箱根の贅沢宿
https://travel.rakuten.co.jp/select/izu-hakone/201702-2/02.html

第3位
妊婦さんにも赤ちゃんにも優しい宿 南房総白浜 季粋の宿 紋屋
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/1412/1412.html

まとめ

  • 赤ちゃんには、温泉成分の刺激が強過ぎます。
  • 赤ちゃんと一緒に大浴場に行くと、おもらしの心配があります。
  • 赤ちゃんを大浴場に連れて行くのは、へその緒が取れてしかもしっかりへそが乾いてからです。(できれば1歳近くなってからが安心です。)
  • 赤ちゃんと大浴場に行くと、バイ菌が心配です。(大浴場は色々な人がいます。)
  • 赤ちゃんに大人向け温泉のお湯は、熱すぎます。
  • 赤ちゃんを抱っこして温泉で転倒したら、大怪我の可能性もあります。
  • どうしても、赤ちゃんと温泉や大浴場に行きたい時は、ベビープランのある温泉宿を選ぶのがベストです。

あとがき

赤ちゃんと大浴場については、いかがでしたでしょうか?

私自身、子供が小さかった時は、何度温泉に一人でゆっくり入りたい!と憧れたことでしょう!!いつも、主人に見てもらって入るようにしていましたが、そんなときに限って

子供が私から離れてくれなくって、しぶしぶ温泉に一緒に入ったこともあります。

ですが周りの人は小さい子を見ると、おもらしを連想するのか?嫌な顔を露骨にしてくる人もいてかなり気を使いました。

最近はベビープランのある温泉宿もできて、すごくいいですね。

ベビープランを上手に使って楽しい温泉を楽しんでくださいね。

[ad#co-3]

[ad#co-4]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?