sa0001_007402_m

 

寒い冬になると、飲みたくなるのが甘酒!!

神社に初詣に行くとよく配られますね?

元日の冷え切った空気の中飲む甘酒、私は大好きです。

ポカポカ温まりますよね?

それに、発酵食品ですから体にも良さそうです。

ところで、甘酒というくらいですから、お酒ですよね?

子供に飲ませてしまって大丈夫なのでしょうか?

ということで、今回は甘酒についてお話してみたいと思います。

 

[ad#co-1]

スポンサードリンク

甘酒の効果とは?

色々な本を見ていると、江戸時代甘酒は庶民の手軽な飲み物だった様です。

そして、なぜか?夏の季語になっていて夏に甘酒を飲んだ様です。

たぶん、冬も飲んだのでしょうが・・・

要するに、夏バテ防止の意味合いが強かったのでしょう。

また、水分と糖分と塩分がバランス良く含まれていて、夏の熱中症予防にも良いという事で、最近では夏に冷やし甘酒なども売り出されています。

そして、疲労回復にも効果があり、「飲む点滴」とも言われています。

本当に、すごい!!

日本が生んだスーパードリンクですね。

甘酒にはどんな栄養があるの?

ところで、凄いと言われている甘酒ですが、どんな栄養があるのでしょうか?

主な甘酒の栄養

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、システイン、アルギニン、グルタミン、などが含まれています。

アルギニンとか、葉酸などは、よくサプリメントなどでも見かけますものね。

これは、摂らないと損ですね。

甘酒に含まれる栄養素の効果

では、各栄養素の効果をカンタンに見ていきましょう。

ビタミンB1

糖質や炭水化物をエネルギーに変えるのを助ける。

疲労回復効果も。

ビタミンB2

髪、皮膚、爪などの再生を促す。

成長ビタミンと呼ばれる。

ビタミンB6

タンパク質をエネルギーに変える助けをする。

神経の機能を保つのに必要。

不足すると肌荒れの原因に。

葉酸

細胞分裂により新しい細胞が生まれるのを助ける。

ビタミンBの仲間。

食物繊維

血中コレステロール、血糖値を正常に保つ役割がある。

スポンサードリンク

また、大腸の運動を促す。

オリゴ糖

善玉菌を増やし腸内を健やかに保つ。

システイン

体内の有害物質を排泄する。

アルギニン

体の成長にかかわるアミノ酸の一種。

グルタミン

腸を修復したり、腸の働きを助ける。

 

[ad#co-2]

子供は飲んでも大丈夫?

こんなに栄養があるのなら、ぜひ子供にも飲ませたい!!と思いますよね。

でも、お酒なんだからダメでしょ?どうなの?

そんな訳で、子供には飲ませる事ができるのか?調べてみました。

甘酒の種類によります

甘酒には、酒粕から作られる物と、米麹から作られる物の二種類あります。

基本的に、米麹から作られるのは、アルコール0%なので、清涼飲料水として売られているので、問題はありません。

しかしながら、酒粕から作られる物は、アルコール1%未満ではありますが、含まれています。

こちらは、お酒の弱い人、子供、妊婦さん、授乳中の方等は注意した方がよさそうです。

参考サイト:森永製菓ホームページ

つまり子供には、米麹の甘酒ならば飲ませても、問題がないと言う事になります。

子供用の甘酒?

色々なメーカーから、赤ちゃんにも飲ませる事のできる、甘酒が出ているみたいですので、興味のある方はそちらを購入してみるのも良いのかもしれませんね。

マルコメホームページ

まとめ

  • 甘酒は、塩分、水分、糖分をバランス良く含む飲む点滴です。
  • 甘酒は、酒かすから作られる物と、米麹から作られる二種類があります。
  • 子供や妊婦さんが飲めるのは、米麹から作られる甘酒です。
  • 米麹から作られる甘酒は、清涼飲料水として自動販売機で売られています。

あとがき

私、ちょうど今、甘酒を飲みながらこの記事を書いていました。

記事を書き終わったら、車に乗って買い物に行く予定だったのですが、なんだか、トローンとしてきて、顔が赤いんです。

変だな?と思って甘酒のパッケージを見たら、本格的な酒かす使用って書いてありました。

そして、アルコール1%となってるではありませんか!!じゃーん!!

スーパーのお菓子のコーナーに売っていたのに!ビックリでした。

なので、車には乗れなくなりました(涙)

皆さんもくれぐれも注意してくださいね!!

 

[ad#co-3]

 

[ad#co-4]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?