この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

5d0e0d69e4796d5e3f34e047d2d21b19_s

 

とってもかわいい我が子。

 

でも、「子育てがつらい」と思ったこと、ありませんか???

 

子育てを経験された方ならば、何度か

そんな風に思ってしまった経験があるはずです。

 

そんな時、どうしたら良いのでしょうか?

先輩ママの経験など、色々とまとめてみましたので、

ぜひ参考にしてみて下さいね!

 


スポンサードリンク

どんな時、子育てがつらいと思うことが多い?

まず、どんな時に辛いと思ってしまうのでしょうか?

 

子供やママ自身の体調が悪い時

子供が具合悪い時は、ママは夜な夜な看病をして睡眠不足。

翌日は小児科を受診し、お薬をもらって帰宅。

 

家事をしながら子供を寝かしつけるがまた夜な夜な看病。

ママは疲労困憊で、子供がいつものように好き放題だと

我慢も限界になることはしばしばあります。

その上、子供がせっかくもらってきた薬を飲んでくれないとなると、

「何で飲んでくれないの!」と、言いたくなりますよね。

 

また、ママ自身の体調が悪い時もツラいですよね。

子供はママが具合悪いだろうがお構いなしです。

 

幼稚園の年中さんくらいになると、「ママ具合悪いの?」と言って

多少はお手伝いをしてくれるようになりますが、それよりも

小さいお子さんはママの体調はお構いなしで目が離せませんよね。

 

時間に余裕がない時

出かける際や、子供がグズグズしていて

時間が無いと心も疲れてしまいます。

 

朝、時間に余裕がない時などは、子供に

「グズグズしていないで早くしなさい!」なんて

怒鳴ってしまうことありますよね。

 

そして、後で振り返って反省・・・

 

そんな事を繰り返すうちに、

「自分は子育てに向いてないんじゃないか?」なんて思ってしまって。

「ママはもうやだー!」なんて叫んだり。

 

その後、子供の寝顔を見て謝ったりしますよね。

 

家事が溜まってしまっていたり仕事に余裕がない時

家事が溜まって家の中がごちゃごちゃな時や、

洗い物が山盛りになっている時ってイライラですよね。

 

仕事が上手くいっていない時や仕事が忙しい時などは、

子育てとの両立が辛くなってしまいがち。

 

そんな時、「子育てがつらい」と思ってしまうことが多いです。

さらに、子供は相変わらず好き放題なので、

逃げ出したくなってしまう事もチラホラ。

 

ふっとする時間や自分の時間が取れない時

朝起きてから寝るまで元気で好き放題な子供たち。

 

イヤイヤ期はイヤイヤに合わせないといけないし、

後追い期はストーカーのようにどこまでも

ママについてくるので、息つく暇がありません。

 

お昼寝の時間はできなかった家事をこなしたり、

仕事から帰ってきたら息つく間もなく、夕飯を作り、

お風呂を洗ったりしながら子供をみなければいけないので、

ママは本当に時間に余裕がありませんよね。

 

少しでもほっとできたり、少しは自分の好きなことをする

時間が取れないと、どんどん育児が辛くなってきます。

 

パートナー(夫)が協力的ではない時

パートナー(夫)が家にいる時位は家事を手伝ってほしいのに

ちっとも手伝ってくれなかったりすると本当にへこみます。

 

夜泣きの時期に一緒に協力してくれなかったりとかも。

 

または、育児の大変さをわかってもらえず、

「お前は働かず家にいれて良いよな。」なんてことを

何度も言われてしまうと、イライラ度がMAXに。

 

つい子供にあたってしまい、「育児ってツライ」と思ってしまいますよね。

 

また、用事があるので子供の面倒を見てもらいたい時に、

夫に子守を頼んで帰宅すると、子供にゲームばかりさせてほったらかし。

 

子供の面倒なんて全然見てくれない。

 

こんな場合も、もうパパに子供を預けたくないな、と

思ってしまいますよね。

 

頼れないと言うか。

 

子供がいう事を聞いてくれない時

後追い期や、イヤイヤ期。

 

一人目のお子さんだと、どう接していいかわからず、

疲れてしまいますよね。

 

また、いつもはそんなことないのに急いでいる時に限って

大泣きしていう事を聞いてくれないなど。

 

子供って、思い通りにいかないですよね。

 

そんな事が重なってしかもママが疲れていると、

「つらい」と思いますよね。

 


スポンサードリンク

安心してください、皆「子育てがつらい」と感じています!

大丈夫です。

子育てをしているお母さんは、皆

「子育てがつらい」と思ったことが何度もあります!

 

あなただけではありません。

 

お産でホルモンバランスが崩れて体に大きい変化があるうえ、

昼夜なく働き、更にかわいいけれど手のかかる子供がいるんですから

当然一人で抱え込んでしまうとクタクタになって倒れてしまいます。

 

先輩ママさん達は、色々と工夫して何とか乗り越えているようです。

 

と、言うか、必死に毎日過ごしているうちに、

気が付けば子供が徐々に手がかからなくなってきた。

 

という感じでしょうか。

 

「子育てがつらい」時の対処法

1. あきらめる

いっその事、色々な事を諦めましょう。

 

少しくらい家が汚くても大丈夫、家事や育児を

完璧にすることを諦めて思いっきり手抜きをする。

 

いつも忙しくしているママだから、たまには

色々諦めて手抜きしたって大丈夫!

 

絶対に何とかなりますって!

 

2. たくさん寝る

働いているママは、週末に子供をパパや親にみてもらったりして、

家にいるママもたまには親や可能ならばパパに休んでもらう、

一時保育してもらう園を探して預けるなどして、

とにかくたくさん寝ましょう!

 

過労はよくありません。

 

そうすると、起きればスッキリして元気になりますので、

また新たな意欲が湧いてきます。

 

3. 市町村の育児相談窓口や状況が似ている友達に話を聞いてもらう

市町村の相談窓口に電話して保健婦さんに相談したり、

状況が似ている友達に相談したり、

育児支援センターの先生に相談する。

 

、話を聞いてもらうだけでなんだかスッキリして、

新しい自信が湧いてきますよ。

 

4. 天気が良ければ外に出かける

天気が良い時に外に出ると、少しでも気分転換になります。

 

車に乗ってドライブすると、子供がお昼寝の時間付近だと

すぐに寝てくれるので、お昼寝の間、ママも息抜きをしましょう!

 

ベビーカーで出かけても、お昼寝時間付近だと、子供は寝てくれます。

 

その間に本屋さんに行ったり買い物したりして

少しでも気分転換になりますね。

 

5. 趣味に没頭する

子供を寝かしつけた後、趣味を見つけて、没頭する。

ヨガやスポーツ、ウォーキング、ハンドメイド、何でも良いですね!

好きなことをする時間、とっても大切です。

 

ウォーキングは、子供をベビーカーにのせて行っても良いですよ。

 

でも、できる事なら少しの時間、誰かに

見てもらえると頭がスッキリしていいですよ♪

 

6. パパや親、一時保育などに子供を預ける。

「子育てがつらい」時は、子供と少し離れた

時間が必要な時かもしれません。

 

なので、たまには子供と離れてみましょう。

 

授乳中でもミルクや搾乳したミルクがあれば大丈夫です。

 

そして、自分一人の時間を作って、少し頭をフリーにしてみて下さい。

きっと、帰るころには、子供の顔が見たくて仕方ありませんよ。

 

まとめ

  • 皆「子育てがつらい」と感じています。
  • 色々な事を諦める。
  • たくさん寝る。
  • 市町村の育児相談窓口や友達に話を聞いてもらう。
  • 天気が良ければ外に出かける。
  • 趣味に没頭する。
  • パパや親、一時保育などに子供を預ける。

 

おわりに

いかがでしたか?

子供って本当にかわいいですが、手がかかる時期に

ずーっと一緒にいるので、ママがゆっくりする時間がありません。

 

ママに余裕がないと、本当に「子育てってつらい」と思いますよね。

 

たまには「子供と離れて、自分の時間を作りたい!」と思ってしまいます。

我が家の子供たちは体が弱く、しょっちゅう通院しなければいけなくて、

睡眠不足もしばしばですが、「今だけだな。」と思って割り切るようにしています。

 

そうでもしないと、子供にあたったり「子育てがつらい」になってしまい、

育児がつまらなくなってしまうからです。

 

どうやって、楽するか、手抜きするか、楽しむか工夫するようにしていますよ。

 

皆さんもせっかくの育児、「つらい」よりも少しでも楽しめると良いですね!!

その為にも、絶対に無理はしないでくださいね!

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

ゆあしゆあし

2歳と5歳のママ。 16年間、製造業のオペレーション部門で働いたが出産を機に育児に専念することにしました。 趣味は、ウィンタースポーツ、音楽、スクラップブッキング。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?