この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

children-403582_640

 

子供が産まれて親になると、今まで自由に生きていた環境がガラリと変わって、

子供優先の生活が始まります。

 

朝から晩まで、子育てというのは本当に体力勝負。

子どもが寝る時間には毎日クタクタになっていたりしませんか?

 

でも、1日の生活の最後の大仕事が待っています。

そう、子供を寝かせることです。

 

ということで、子どもがすんなりと眠ってくれる方法です。

 


スポンサードリンク

子どもが夜更かしばかりで寝てくれない理由

とにかく早く子供を寝かせてゆっくり自分の時間を過ごしたいですよね。

 

しかし・・・

 

簡単に寝てくれる子だったら苦労はしません・・・

 

いつまでもテレビやオモチャで遊んでなかなか布団に入ってくれない子、

早めに布団に入って絵本を読んであげたり

背中をトントンしてあげてもなかなか寝付けない子。

 

結局寝たのは22時過ぎ、23時近く・・・

また今日も早く寝かせられなかったと反省することに。

 

では、夜更かしばかりになってしまう原因はなんでしょうか。

それは、「眠さよりも遊びたい気持ちが勝っている」

これが子供の夜更かしの心理状態かと思います。

 

そして、いつまでも遊んでいて布団に入ろうとしないのも、

布団に入ってもなかなか寝ないのも、

「それがいつものパターン」になっているのかもしれません。

 

子供が夜更かしするクセを直し、早く寝かせる為には、

朝からの生活のリズムを一度見直してみることが効果的です。

 

では、どんな方法で生活のリズムを見直していけばいいのか、

いくつかの方法をご紹介します。

 

起きる時間を見直す

まず、1日の生活のリズムを整える時に一番大切なのは朝です。

 

21時に寝かせたいのにいつも寝るのが22時過ぎになってしまう場合は、

朝起きる時間を今までより1時間半早くしてみます。

 

そうすると必然的にお母さんも早起きをしなければなりませんよね。

 

でも、子供の生活リズムは親の生活リズムと似てきます。

 

子供の生活リズムを変えるためにはお母さんもちょっと早起きして、

早く起きた分の時間で家事を済ますのも良いですよね。

 


スポンサードリンク

お風呂に入って上手に早寝

日中の過ごし方は各ご家庭で様々ですが、家族そろって

みんなで団欒できるのはやっぱり夜が多いと思います。

 

子供たちにとっても、家族と過ごす楽しい時間です。

 

早く寝るということは、みんなで過ごす楽しい時間が減ってしまうので

子供にとっては寂しいんだと思います。

 

もっと遊びたいのになんで寝なければいけないんだろうって思いながら、

いやいや布団に入ってもすぐに寝ることは出来ないと思います。

 

そこで、体温が下がるとき眠りやすくなるという人体のメカニズムを上手に利用して、

上手に睡眠をコントロールしてあげましょう。

 

お風呂に入ると、一時的に体温が上がって、

お風呂から出ると緩やかに体温は下がります。

このタイミングで子どもは眠くなるのです。

 

この事実から計算すると・・・

お風呂は寝る1時間前に出るのがベストです。

 

シャワーだけじゃなく40度前後の湯船にしっかり浸かって、体を温めます。

21時に寝かせたい場合は19時半からお風呂。

20時にお風呂を出る、といったスケジュールになります。

 

テレビゲームよりお布団でしょ?

また、テレビやゲームなどの刺激は子供を興奮させてしまうので、夜更かしの原因になります。

お風呂から出たらテレビやゲームをしないという家庭のルールも早寝のポイントです。

そして、布団に入ると良いことがある、という意識付けをしてみましょう。

 

例えば・・・

●布団に入った時には「お布団はふっかふかで良い気持ちだねー

と、教えてあげる。

 

●布用の香りつきの除菌消臭スプレーなど、お布団をリラックス出来る優しい香りにしておく。

(特にラベンダーの香りは入眠を誘う効果があるそうです。)

 

●寝る前や寝るときにオルゴールやピアノなどの音楽をかけてあげる。

 

●寝る前に一つだけ昔話をしてあげる。

 

●足をマッサージしてあげる。

 

朝は早起きして、お風呂上がりに体温が下がると眠くなるという体のリズムを利用すれば、

今までよりも眠りにつきやすくなっているはずです。

 

これらを早寝の習慣がつくまで毎日続けていきましょう。

 

最終的には決まった時間に自分から布団に入るようになってくれるのが目標です。

 

眠くなれば勝手に寝るのが子供です。

眠くなる時間を上手にコントロールしてあげることが出来るのは小学生以下の小さいうちだけだと思います。

 

お母さんも子供たちも、慣れるまでは早起きするのが大変だと思いますが、

リズムが整って早寝早起き習慣が身に付けば、子供が眠ったあとに

お母さんがゆっくり自分の時間を過ごせるので、理想的ですよね。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

寝かしつける悩みがあるのは子供が小さいうちだけ!!

希望を持って頑張りましょう!

 

まとめ

●生活リズムを見直して、早起きする。

●お風呂を寝かせる1時間前に出るようにする。

●お布団に入って眠ることは気持ちいいことなんだと子供に意識付けさせる。

 

スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?