この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

先日、義姉に2人目が生まれました。

 

破水してから24時間かけての長い出産でした。

なので、お見舞いに行ったときにはグッタリしておりました。

お疲れさまです。

 

本当に母親は強しです。

そして、2人目ということもあり、母乳はすぐに出たそうです。

 

でも、1人目の出産の時は、こんなに順調に母乳が出ないのが普通です。

なので、少しでも母乳にいい食べ物をとって、母乳を増やす工夫をしましょう。

 

さて、母乳にいい食べ物ってどんなものなんでしょう?

 


スポンサードリンク

まず、母乳は何から作られているか?成分は?

最近、母乳は赤ちゃんにとって、とても大切なものだと再認識されるようになりました。

私の感覚でも、母乳育児をするママの割合が増えているように感じます。

 

そんな母乳の成分、一体なにからできているか、ご存知ですか?

実は、ママの血液から作られているのです。

ママが食べたもの、飲んだものがそのまま母乳になるのです。

母乳の栄養素は、以下の成分が含まれています。

母乳に含まれる栄養素

  • たんぱく質:赤ちゃんが吸収しやすい「ホエーたんぱく」という種類
  • 脂肪:脳の成長や活動のエネルギー源
  • 乳糖:カルシウムの吸収を助け、腸内環境を整える
  • ビタミン:ビタミンA、D、E、Kそして葉酸
  • ミネラル:カルシウム、ナトリウム、鉄分

子供が生まれると、やっと妊娠期間が終わった開放感から、好きなものを食べがちですよね。

でも、ジャンクフードや、かたよった食事をするのはNG。

せっかくの母乳の栄養価が変化してしまいます。

 

ママの食べたものが赤ちゃんが飲む母乳になるということを頭にいれて、もう少しの間、食生活に気をつけてください。

良質な母乳には何がおススメ?

母乳が血液から作られることはわかりました。

では、何を食べたら良質で大量の母乳ができるのでしょうか。

体を温める食べ物

母乳にいい食べ物とは、身体を「温めるもの」というのが基本です。

ですので、生野菜など冷たい野菜よりも、冬野菜と言われるものがおススメです。

フルーツも同様です。

 

寒い地域で取れるような果物は身体を暖かくしてくれます。

たとえば以下のようなものです。

  • 生姜
  • にんじん
  • 白菜
  • たまねぎ
  • キャベツ
  • 長ネギ
  • レンコン
  • 里芋
  • みかん
  • イチジク
  • りんご
  • ぶどう
  • さくらんぼ
  • プルーン(ドライフルーツも可)

母乳育児には水分の摂取も重要

そして、なくてはならないのは水分です。

母乳育児中は、なんと3~5Lの水分が必要といわれています。

ただし、水分といっても、冷たい飲み物では身体が冷えてしまうのでダメです。

 

ですので、白湯や温かいスープ、ノンカフェインのお茶で身体を温めて乳腺も開かせましょう。

 

私は、義母秘伝の母乳スープをたっぷり飲んでいました。

そのおかげでしょうか。

母乳がビュンビュン出るようになり、ホッとしたのを覚えています。

私が入院していたころも、義母はせっせと作って病院へ持ってきてくれました。

ありがたいことです。

 


スポンサードリンク

母乳に良くない食品

また注意していただきたいのが、白砂糖です。

白砂糖は、血液をドロドロにしやすく、乳腺を詰まらせてしまうといわれています。

できるだけ、甘いものは食べ過ぎないようにしてください。

 

また、砂糖を使うときもできるだけ体に良い砂糖を使いましょう。

体にいい砂糖はこちらの記事をどうぞ↓

砂糖の種類はこんなにある!体にいい砂糖と害のある砂糖の違いは?

秘伝!義母の母乳スープ

今日は、義母の秘伝のスープには何が入っているかをお教えします。

帝王切開で手術後だったので、味付けも薄くあまりおいしくありませんでしたが、「薬」としてこつこつ飲みました。

 

しかし、このスープ、病院食として販売したいくらい効果があります。

やっぱり昔の人は、こんな風に気をつけてたのでしょうかね。

(といっても、まだ効果は家族メンバーだけですが・・・)

材料

  • 水 2~3L
  • 鶏ガラ1羽分、または骨付きの鶏肉(オーガニックがおススメ)
  • にんじん 2本
  • たまねぎ 3個
  • 生姜(スライス) 握りこぶし1つ分
  • セロリ、キャベツや里芋、白菜や大根などもお好みで。

作り方

  1. 鶏ガラをザルに入れ、熱湯1Lくらいをかけて、その後流水で洗います。
  2. 鍋に野菜と鶏ガラを入れ、水を入れる。
  3. ゆっくり煮込む(圧力鍋がおススメ)

こんなに簡単なのです。

圧力鍋があれば30分弱ですね。

 

このスープは、お好みで醤油や塩コショウで味付けをしても効果は一緒です。

アレンジも多様です。

肉を入れてカレーやパスタ、うどんや肉じゃがなどでもおいしかったです。

ご飯を入れて、卵でとじてもいいですね。

 

ポイントは冬野菜と生姜です。

生姜はご存知のとおり、身体を温めてくれる野菜の代表だと思います。

この生姜がたっぷり入ったスープを飲めば、乳腺炎の予防にもなります。

おわりに

私の母も、義母も、母乳は2、3ヶ月しか出なかったそうです。

だからか、同時期に出産した義姉(今回出産のとは別の義姉)も私も、神にもすがる様にほとんど毎日飲んでました。

娘は夏生まれですので、暑い中熱いスープを汗だくになりながら飲みました。

 

そして私たちは、きっと双子、いや三つ子でも足りるほど大量に1年以上母乳が出ました。

きっとこのスープのおかげだ、と信じています。

 

スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?