この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

0fcb678c75ceb9bac71bb5819b8b3323_s

 

出産が近づくと、嬉しい反面、

ドキドキ、ソワソワ、しますね?。

 

「陣痛って痛いのかな?」なんて思いながら

「赤ちゃんはどんな顔してるかな?」なんて思ったり。

 

嬉しさと不安が入り交じった不思議な

気持ちになった事を覚えています。

 

さてさて、安心して出産を迎えられる様に、

出産が近づいたら入院バッグを用意しておきましょう。

 

今回は、入院バッグの中身を、春夏秋冬の

季節別にご紹介します。

病院からもらった出産準備リストと、照らし合わせて

見るといいですね。

 

では、始めましょう!

 


スポンサードリンク

入院バッグはいつ頃用意する?

入院バッグは、妊娠後期の8ヶ月くらいになったら

用意しておくと無難です。

 

この頃になると、頻繁に検診に行く様になるので、

行った時にでも確認しておくとよいですね。

 

入院バッグは、大小2つ用意すると便利

入院バッグは、小さいバッグと大きいバッグの

2種類用意すると便利です。

 

小さい方は、急に入院しなくてはならなくなった時の必需品を入れます。

(つまり、陣痛時に必要な物)

 

大きい方は、入院してから必要な服などを入れます。

(これは、赤ちゃんが生まれた後の入院に必要な物)

 

小さいバッグに入れるものリスト

陣痛が始まったら陣痛室に持って行きます。

  • 貴重品(財布とか普段持っているもの)
  • 携帯電話
  • ポケットティシュ
  • 診察券
  • 母子手帳
  • テニスボール(陣痛を逃すため→なくても大丈夫です。)
  • ペットボトル飲料(メチャクチャ喉が渇きます)
  • タオル(凄い汗をかきます。)
  • ビデオカメラまたは、デジカメ
  • 軽食(時間によっては、食事がない時もあります。)(常備するなら、日持ちする、おせんべいとかクラッカーとかですね。)

 

大きいバッグに入れるものリスト

出産が終わって病室についたら使います。

  • パジャマ(授乳しやすい様に前あきがベスト)
  • カーディガン
  • スリッパ
  • 下着
  • 洗面道具
  • 靴下
  • タオル
  • 歯磨きセット
  • 眼鏡やコンタクト
  • 小銭と小銭入れ(結構使います。売店やランドリーやジュース等)
  • ティシュ
  • 携帯の充電器(★要注意!!結構忘れます。)
  • 洗浄綿やナフキンやパッド(病院が用意してくれる所が多いです。病院に聞いてみてください。)

 


スポンサードリンク

あると便利なものリスト

  • 赤ちゃん爪切り(うちは生まれた時に爪が長くて、ささくれもありました)
  • 化粧品(結構、お見舞いにくるのよね?嬉しいけど、キチンとしないと)
  • ヘアケア商品(売店になぜか売ってないところもあります。)
  • ヘアゴム
  • 筆記用具(あると便利かな)
  • お箸やタッパー(お見舞いでもらった物を食べたり保管したりします。)
  • 耳栓とアイマスク(大部屋だと、うるさかったりします。)

 

退院までにあると良いもの

  • ベビーウェア
  • 赤ちゃん肌着
  • 紙オムツ
  • 退院用のママの服
  • 会社への届け用紙や印鑑
  • 退院に必要な現金(病院に聞いておくと良いですね)

★入院中は、赤ちゃんの肌着やオムツなど貸してくれます。

退院の時に、なくてパニックにならない様にしましょう。

(ちなみに、うちの子は夏だったので、肌着しか用意していませんでした。

ベビー服を主人に頼んだら、なぜかまた、肌着を買ってきました。

(男の人って、肌着もベビーウェアも区別つかないのかな?病室の友達と笑ってしまいました。)

 

春と秋にあると良いもの

  • カーディガンや羽織るもの(気温差が激しいので)
  • 赤ちゃんのおくるみ
  • マスク(花粉症の人)

 

冬にあると良いもの

  • ホットカイロ
  • 赤ちゃんのおくるみ
  • 厚手の靴下
  • 厚めのカーディガン

 

夏にあると良いもの

  • 冷えピタ
  • 保冷剤
  • うちわ
  • カーディガンや羽織るもの(エアコン対策)

 

まとめ

  • 入院バッグは、大と小2つにわける。
  • 必要な物を、病院に聞いておきましょう。
  • あると便利な物も、季節によって違います。
  • 退院時の服を母子ともに、忘れない様にしましょう。(←これ大事!笑)

出産準備バッグは、いかがでしたでしょうか?

♪嬉しい反面ドキドキですね。

可愛い赤ちゃんにあえるのが、待ち遠しいですね?

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?