1ab16aa44567b4083554f680b1e6d87d_s

 

日本人にとって味噌汁は、なくてはならない食品ですね。

 

また、味噌汁は「飲む点滴」ともいわれていて、とても体に良い物です。

ですが、妊婦さんは少しだけ気をつけなくては、いけない事があります。

 

今回は、妊婦さんの味噌汁について、お話していきましょう。

 

[ad#co-1]

スポンサードリンク

母親学級に味噌汁を持って行った時のお話

妊娠すると、保健センターで開催される母親学級がありますね。

私の時には、何回目かの母親学級で

「朝飲んでいる味噌汁を持ってきてください。」

と言われて持って行った事があります。

 

持って行くと、塩見スプーンで塩分を見てもらうのですが、

私の持って行った味噌汁は少々塩分が多くて、

参加者の中でもかなりしょっぱい方でした。

 

なぜ塩分をチェックするのかと言う事ですが、

妊娠中は塩分を取りすぎると、妊娠高血圧症などに

なるからといわれています。

 

妊娠高血圧症などになると血液の流れが悪くなり、

結果として胎児に酸素や栄養が行かなくなり、

ひどい場合には、早産などの原因になると言われています。

 

現に私は、妊娠後期くらいにむくみ始めて、

パンパンになった足をさすっていた覚えがあります。

 

ヨウ素のお話

妊娠すると「ヨウ素にも注意しましょう」と言われます。

 

ヨウ素は不足しても過剰摂取しても、甲状腺機能の

低下などトラブルが発生すると言われています。

 

因みに、厚生労働省によりますと、日本人が1日に

摂取して良いヨウ素の上限は2200μgとされています。

 

これを元に、食品のグラフを作ってみました。

 

〜ヨウ素の含有量〜

(伊藤病院ホームページより抜粋)

昆布(乾燥5㎝)

ヨウ素12000μg

ワカメ(水戻し10g

ヨウ素190μg

スポンサードリンク

昆布の佃煮(15g

ヨウ素1650μg

 

〜表にしてみた感想〜

昆布は、ヨウ素の含有量が凄いですね。

 

乾燥昆布を5㎝そのまま食べる事は

あまりないと思いますが、だし汁だったら作りますね。

 

だし汁にもヨウ素はしっかり溶け出ていますので、

だし汁にも注意が必要です。

 

[ad#co-2]

だしの取り方にも注意

本来なら、きちんと煮干しやカツオ等からだしを取った方が

良いのでしょうが、粉末だしを使うことも多いと思います。

 

因みに、昆布の粉末出しにはかなりのヨウ素が含まれている、

といわれていますので注意が必要です。

 

また、市販の粉末だしは塩分も多いですね。

 

〜だしで注意する事〜

そう考えると、粉末だしを使うとしても、昆布だしよりも

カツオや煮干しの粉末だしを使うのが良いと言う事になります。

 

また、塩分も多いので、少なめに使うのがよいと言う事が分かりますね。

 

私が実際にやっていた方法

〜味噌汁の作り方〜

味噌汁の作り方ですが、毎回、毎回、だしを取るのは面倒ですよね?

(自然派失格ですね。苦笑)

 

なので私は、かつおの粉末だしを使っていました。

一応、昆布のだしは避けました。

 

粉末だしは、各メーカーが出している無添加の物を使用していました。

それを規定の半分だけ入れて、お味噌汁を作り、

最後の仕上げに魚の粉を入れていました。

(魚の粉は、スーパーのお好み焼きコーナーにあります。)

 

こうすると、カルシウムもとれて風味もあり

なかなか美味しいお味噌汁になって一石二鳥でした。

 

〜毎日メニューを変える〜

味噌汁の塩分過多を保健センターで指摘されてから、

味噌汁は1日おきに飲む様にしていました。

 

朝食だとしたら、前日はご飯と味噌汁だったら、

次の日はパンと野菜ジュースなどの様に変化をつけるといいです。

 

なるべくメニューを交互にして、

「ばっかり食べ」には気をつける様にしていました。

 


まとめ

  • 味噌汁のヨウ素と塩分には注意しましょう。
  • 味噌汁は、だしを加減して使いましょう。
  • 味噌汁は1日おきにしてメニューを工夫しましょう。

味噌汁については、いかがでしたでしょうか?

参考になれば幸いです。

 

なお、食事に関しては、かかりつけ医の指示に従ってください。

色々工夫して、楽しい食事ができると良いですね。

 

[ad#co-3]

 

[ad#co-4]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?