この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

妊婦はホルモンの変化によって、空腹になりやすかったりします。

また、つわりの影響で食べすぎたり、食べれなかったりと、食欲にも波があります。

長女の場合は、つわりがひどく、初めのころは何を食べても吐いてしまいました。

切迫流産と診断もされ、胎児にとって栄養が足りないのではないかと、心配になったものです。

逆に長男の場合は、食べ悪阻で、常に何かを食べていないと気持ち悪い状態でした。

結局、長男の妊娠中に18キロ近く太りました。

妊娠中の増加体重は基本8キロから10キロとされているので、かなりオーバーしてしまいました。

なるべくカロリーのないものを選んで食べていたつもりですが。。。

そんな時、スリムな妊婦の友人が持ち歩いていたアーモンド、ちょっと気にになったので調べてみました。

ご参照ください。

 


スポンサードリンク

アーモンドの成分。どんな栄養が含まれてるのでしょうか?

1 葉酸

妊娠希望者や妊娠中に取るように薦められる葉酸は、胎児の成長に大切な栄養素です。

特に、妊娠初期にこの葉酸が必要なのです。

1日の葉酸摂取量は400ugとされていますが、アーモンドだけでの摂取は難しいです。

1日2回、午前と午後のおやつを10粒ずつ(約6.3ug×2回)取ると約12ugの摂取となります。

ほかの食品と組み合わせて食べるにはちょうどいい量です。

ちなみにプチ情報ですが、葉酸が充分に摂取できると、鼻の高い、目の大きな赤ちゃんが生まれるそうです。

2 ビタミンE

アーモンド10粒に含まれるビタミンEは約3mgです。

通常女性の推進摂取量は、6mgです。

そして、妊娠中は1日6.5mg、授乳中は1日7mgとされています。

アーモンド10粒で充分なビタミンEを摂取できます。

ビタミンEは、抗酸化作用があり、血行をよくしたり、美肌効果、成人病予防への働きがあります。

また、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠中や授乳中も、ビタミンEが崩れにくく助けてくれる作用があります。

3 食物繊維

妊婦中や授乳中、多かれ少なかれ誰でも経験する便秘ですが、これもアーモンドが解決してくれるのです。

海藻類やきくらげには及びませんが、間食としてはトップクラスです。

アーモンド10粒で約1.2gの食物繊維が摂取できます。

1日の目標量は約18gといわれています。

4 たんぱく質

妊婦の1日のたんぱく質目標摂取量は、

  1. 初期で50g
  2. 中期で55g
  3. 後期には75g

とされています。

たんぱく質は、体内で赤ちゃんの脳や筋肉をつくる大切な栄養素です。

その栄養素が、アーモンド10粒には約1.8gのたんぱく質が含まれています。

1日3回の食事では、動物性たんぱく質をとりながらバランスよく食べれそうですね。

5 ミネラル豊富

そのほかにも、以下のミネラルが含まれています。

  • カルシウム (歯や骨の形成・ストレス減少)
  • 鉄 (貧血予防・疲労回復)
  • リン (歯や骨の形成・エネルギーを蓄える)
  • カリウム (むくみ予防・高血圧予防)
  • マグネシウム (精神安定・高血圧予防)
  • 亜鉛 (成長促進・抜け毛予防)
  • 銅 (貧血予防・成長促進)

 


スポンサードリンク

食べ過ぎに注意!食べ方のポイント

アーモンドのデメリットとは

アーモンドのデメリットは、カロリーが非常に高いことです。

妊婦さんの目安として、1食600~800kcalですが、アーモンドは100g食べると約1食分と同量の約600kcalなのです。

ですから、基本アーモンドは1日20粒(120kcal)くらいが目安とされています。

アーモンドは酸化に注意

また、アーモンドが酸化しないように注意してください。

酸化したアーモンドは、栄養価も下がります。

アーモンドの保存方法は、密封された容器に入れて保管すると、酸化しにくくなります。

こんな容器に入れて保管するのがおすすめです。↓

アーモンドの選び方

そして、アーモンドチョコレートや塩味などではなく、なるべく素焼きの薄皮付きを選びましょう。

アーモンドの皮には抗酸化作用のポリフェノールが含まれています。

塩や砂糖は、妊娠高血圧や、妊娠糖尿病になりやすいので味付きのアーモンドは控えてください。

子供がアーモンドアレルギーになる心配は?

ちなみに、「アーモンドを食べ過ぎたら、生まれてきた子供がアーモンドアレルギーになる」という心配になりますよね。

しかし、研究では妊娠中の食べ物がアレルギーの原因になるという根拠はない、という見解がでていますので、心配する必要はないと思います。

おわりに

最近は「食べるサプリ」といわれるほど、栄養素が高いアーモンド。

つわりと重なり、栄養がとれない心配などもアーモンドで少しでも安心できるといいですね。

もう妊婦でも産後でもないですが、こんなに栄養豊富なアーモンド、私も食べなきゃと早速ゲットしてきました。

食べすぎに注意して、ダイエット効果も期待できるアーモンドを摂取しようと思います。

 

妊娠中に良い食材、悪い食材はこちらの記事でチェック!↓

妊婦の食事。妊娠中のおすすめの食べ物とは? 食べてはいけない物に注意!!

 

スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?