この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

最近、甘酒がブームみたいですね。

甘酒というと、寒い冬やひな祭りのイメージが強かったのですが、最近は違っているようです。

「冷やし甘酒」なるものが出てきて、「夏の熱中症予防に!!」とのポップ広告がはり出されて、夏向けの涼しげなパッケージの甘酒を見かけました。

確かに、塩分、水分、糖分、が含まれていて「飲む点滴」と言われていますものね?

江戸時代は甘酒といえば、夏の季語だったくらいですから、当時は、栄養満点のドリンクだったのでしょう。

今回は、特におすすめの甘酒を3つご紹介します。

 


スポンサードリンク

甘酒は子供でも飲める?

その栄養満点のドリンクが、子供の飲み物として今、注目されています。

だからといって、甘酒ならなんでも良いわけではありません。

子供に飲ませるのは、大人に飲ませるのとは訳がちがうのですから、その商品が飲ませても良いかしっかり見極めないと、トンデモない事になっていまいます。

そんな訳で、子供に飲ませる事ができるのか?簡単な見分け方を紹介します。

子供に飲ませる甘酒の見分け方

  1.  原材料が米麹かどうか?
  2.  アルコール度が0%かどうか?

★この2点に注目してください。

米麹から作られていて、アルコール度が0%なら、子供に飲ませる事ができます。

甘酒には、原材料が米麹の甘酒と酒粕の甘酒の2種類あります。

酒粕の甘酒は、アルコール度が1%未満と表示されています。

こちらは、お酒の弱い人や子供、妊婦さん、授乳中の方は、注意して下さい。

(参考サイト/森永ホームページ)

★因みに酒粕の甘酒も、スーパーのお菓子売り場とかに、一緒に並んで売られているので、お子さんに飲ませる時は、原材料とアルコール度に注意してくださいね。

おすすめの甘酒ランキングを発表します。私が勝手に決めました!

    • マルコメ プラス糀、米糀から作った甘酒

公式サイトはこちら

 

    • マルカワみそ 有機あまざけ

自然栽培の玄米甘酒

有機白米甘酒

    • 滋賀県北島酒造 赤ちゃんも喜ぶ甘酒

上記の3点がおすすめです。

上記の3点は、すべて米糀から作られていて、原材料も米、糀、塩の3つのみで、砂糖は添加されていません。

選んだ理由

1.マルコメは、お味噌のメーカーとして有名ですね。

あっさりとした味に人気があるようです。

また、ショウガ入りや、豆乳ブレンドなど、色々なパターンがあって、アレルギーがなければ、楽しむ事ができます。

 

2.マルカワみそは、知る人ぞ知る自然食志向のブランドですね。

自然食品の店に行くと、たいてい置いてあります。

じっくり発酵させた味噌は、本物の味わいです。

そこのブランドが作っている甘酒。

 

3.滋賀県北島酒造は、昔からの酒造メーカー、そこが出している甘酒。

医学博士の先生と佐伯チズさんのお墨付きです。

★ちなみに、甘酒を与える年齢は、1歳以降と言われていますが、

パッケージの注意書きに従ってください。

 

まとめ

  • 甘酒は栄養満点!
  • 子供も飲めるのは米麹の甘酒。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?