この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

 

最近、義母がヨーグルト作りに凝っていてひどいんです。

毎週のようにうちに来ては、すすめてきます。

 

毎回会うたびに「ヨーグルトは身体にいい!」というのが合言葉で、まるで義母の口癖のようです。

実は私、あの冷たいヨーグルトは、苦手なのでいつも遠慮させていただいてます。

(知覚過敏ともいいますが・・・笑)

 

でも、本当にヨーグルトは身体にいいのでしょうか。

 

先日、オーストラリアのテレビで

「牛乳はもともと牛の乳。人間にいい効果があるはずがない」とある研究者が語っていました。

うーん、この時代、いろいろな情報が飛び交い混乱しますね。

 

なので、ちょっと調べてみました。

ヨーグルトは体に良い?悪い?どっちなんでしょう?

 


スポンサードリンク

身体に良いといわれる理由。腸内スーパーヒーロー、善玉菌!

「ヨーグルト」と一般的に呼ばれるものは、ミルクに乳酸菌や酵母を舞えて醗酵させる発酵食品です。

主に牛やヤギの乳が使われます。

 

その乳酸菌や酵母が腸内環境を整え、善玉菌を増やすとされています。

適量を摂取し続けると、どんな効果があるのでしょうか。

  • 便秘解消
  • 内臓脂肪減少
  • インフルエンザ感染率が下がる
  • 気分が落ち着く
  • ダイエット効果

などなど、調べればどんどんでてきます。

 

でも善玉菌は年をとるごとに減っていく一方なのです。

年齢だけではありません。

現代の食生活では野菜不足だったり、油分の多い食事で、悪玉菌のほうが多くなりがち。

悪玉菌が増えると、便秘になりやすくなったり、身体の免疫力が低下します。

 

また、疲れやすくなったり、新陳代謝が低下したり、肌が荒れたりと悪いことばかりです。

だから、善玉菌をつくってくれるヨーグルトが身体にいい!ということなのです。

 

そして、効果的な食べ方としては、夕食後のデザートとして食べるとよいでしょう。

「ヨーグルトは、朝食。」という声をよく聞きますが、本当は夜に食べるのがおすすめ。

寝ている間に腸内環境の掃除ができるので、夜に食べるのがいいんですよね。

 


スポンサードリンク

身体に悪いといわれる理由。

では、なぜ身体に悪いとも言われるのでしょうか。

ヨーグルト製品に含まれる乳酸菌や酵母の種類は800種類以上と言われています。

中には、人によって相性が合う菌と、合わない菌があるのです。

 

合わない菌だと、効果がないだけでなく、おなかが張ったりすることも。

さらに下痢になったりと身体の調子が悪くなります。

 

また、私のように冷たいものが苦手な人は、もともと身体が冷たいものを受け付けないのかもしれません。

身体を冷やすと善玉菌をつくるどころか、低体温体質になり、免疫が低下したり、花粉症をふくむアレルギーを引き起こす可能性もあります。

胃腸が弱い人にも向いてません。

酸が強すぎて胃もたれする場合もあります。

結論。

さてどちらでしょう。

「ヨーグルト」に含まれている、乳酸菌や酵母は身体にいい、ということは間違えないようです。

ただ、1つの食品で、超健康!なんてスーパーフードは存在しません。

ヨーグルトを食べたから、やせる!花粉症がなおる!というわけではないのです。

 

日々の食事のバランスが1番大事です。

ヨーグルトも自分の身体に合うものならば、食べ過ぎずに適量の摂取をしてください。

また、ヨーグルトと人にも相性があるので、自分にあったヨーグルトに出会えるといいですね。

おわりに、というか余談。

義母のヨーグルトのレシピを先日聞いたところ、無糖のヨーグルトと練乳を混ぜて、夕人にもらった酵母を混ぜ、醗酵させるようです。

普通に加糖のヨーグルト買えばいいじゃん・・・と思ったのは私だけでしょうか。

 

とってもいい人で、やさしい義母ですが、こういうところ、やっぱりいつも残念なんですね。

練乳入りのヨーグルト、ダイエット中の私には天敵です!

 


スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?