この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

バレンタインデーが近づくと、お店の店頭にきれいなチョコレートが並びます。

チョコレートにも色々あり、この時期はお菓子作りが楽しみですね。

 

さて、チョコレートにも普通の茶色いチョコレートと白いホワイトチョコがありますね。

ところで、ホワイトチョコってなぜ白いのでしょうか?

そして、本当にチョコレートの仲間なんでしょうか?

 

今回は、ホワイトチョコについてお話をしていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

ホワイトチョコとは?

ホワイトチョコって何なのでしょうか?

ホワイトチョコについて調べてみました。

ホワイトチョコの定義

日本チョコレートココア協会によりますと、

  • ホワイトチョコレートとは、ココアバターにミルクや砂糖等を加えて作るチョコレートの事。
  • カカオ豆の主成分である、ココアバターを原料としていますので、チョコレート色をしていなくても立派なチョコレートです。

とあります。

つまり、色は白いですがカカオ成分はしっかり入っているのでチョコレートなのです。

ホワイトチョコにカカオは入っている?

カカオの成分は入っている様ですが、カカオは入っているのでしょうか?

ウィキペディアによりますと、

 

カカオマスとは、胚乳部分を焙煎してすりつぶしたもの

カカオバターはカカオマスから、分離された脂肪分でカカオマスは55%の脂肪分を含む

とあります。

 

要するに、カカオの実の種の、脂肪分を「ココアバター」と呼び、

胚乳部分を「カカオマス」と言う事ですね。

 

なので、ホワイトチョコには、カカオの種子の脂肪部分が入っていると言う事です。

 


スポンサードリンク

結論。ホワイトチョコはチョコレート?

カカオの種子の胚芽部分は、茶色いチョコレート色をしていますが(カカオマス)

カカオの種子の脂肪部分なので、色は白いのです。

 

つまり、カカオの種子の脂肪部分を使っているので、立派なチョコレートなんです。

まとめ

  • ホワイトチョコレートは、カカオバターを使っている。
  • カカオバターは、カカオの実の種子の脂肪部分を取り出したもの。
  • カカオの実の種子の胚芽部分は、茶色い。
  • カカオの実の種子の脂肪部分は、白色をしている。
  • カカオの実の種子を使っているので、チョコレートである。

 

ホワイトチョコって、カカオの実の種子の脂肪分だったのですね?。

知らなかった。

 

因みに、体に良いとされているポリフェノールや、体に注意が必要なカフェインは、胚芽の部分のカカオマスに含まれています。

なので、カフェインが気になる方や摂取したくない人は、ホワイトチョコを食べるといいです。

逆に、ポリフェノールをとりたい方は、普通のチョコレートをとると良いです

 

ただし、どちらにしても、カロリーが高めなので、とり過ぎには注意ですね。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?