この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

ホワイトチョコは、カフェインが入っていなくてマイルドで美味しいですね。

 

でも、市販で売っているホワイトチョコは、結構色々な物が入っています。

そこで、添加物が少ないシンプルなホワイトチョコを作る事ができないのか考えました。

 

材料さえ揃えれば、なんと!自分でホワイトチョコを作る事ができるんですね〜。

今回は、材料から作るホワイトチョコの作り方を紹介します。

 


スポンサードリンク

ホワイトチョコとは?

ウクィキペディアによりますと、ホワイトチョコはココアバターと牛乳と砂糖から作られるとあります。

つまり、ココアバターさえ手に入れば、後は家にある材料で作る事ができます。

ホワイトチョコを原料から手作りしましょう。

〜材料〜

  • ココアバター(砂糖と同量)
  • 砂糖(ココアバターと同量)
  • 牛乳または、生クリーム(適量)

〜作り方〜

  1. ココアバターを細かく削ります。
  2. 湯煎でココアバターを溶かします。
  3. ココアバターに砂糖を加えていきます。
  4. 牛乳または、生クリームを入れて、好みの固さになるまで混ぜ合わせます。
  5. 型に流し入れて、固まったら出来上がりです。

〜ココアバターを購入する時のチェックポイント〜

ココアバターは、保湿効果もあって美容にもよいということから、ハンドクリーム等の材料にもなっています。

なので、手作り化粧品等のお店においてあったりもします。

 

ですが、購入する時は、化粧品用ではなく、食用の物を買う事をおすすめします。

大きな輸入食材を売っているお店等でも売っている事があります。

 

因みにネットだと、こちらのココアバターなどもおすすめです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ココアバター 100g(カカオバター)夏季クール便扱い商品(6-9月)
価格:367円(税込、送料別) (2017/2/3時点)

市販のホワイトチョコを使って作る

ココアバターは少々お高めですので、そんな時は、普通に市販のホワイトチョコを使って作るのも良いですね。

 


スポンサードリンク

簡単!!ホワイトチョコの作り方

〜材料〜

  • ホワイトチョコレート
  • アーモンド
  • コーンフレーク

〜作り方〜

  1. ホワイトチョコレートを細かく削ります。
  2. 削ったチョコレートを湯煎します。
  3. アーモンドを刻みます。
  4. 湯煎して柔らかくなったチョコレートに刻んだアーモンドとコーンフレークをいれて、好みの大きさにまとめます。
  5. 固まったら、ラッピングして出来上がりです。(好みの大きさに固める時に、シリコンカップに入れてもラクチンですね。)

 

★ホワイトチョコレートだけよりも、アーモンドやコーンフレークを入れる事で、

サクサクした食感が楽しめますね。

作り方も簡単なので、お子さんと一緒に作ってもいいですね。

まとめ

  • ホワイトチョコは、ココアバターがあれば自分で作る事ができます。
  • ココアバターは、食用の物を用意しましょう。
  • 材料から作るホワイトチョコは、添加物が入ってなくて安心です。
  • 面倒な時は、市販のチョコを溶かしてアレンジするのが簡単です。

 

ホワイトチョコの作り方はいかがでしたでしょうか?

材料からホワイトチョコを手作りするのも面白いですね〜。

今年のバレンタインデーには、お子さんと楽しく作ってみてはいかがでしょうか?

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?