この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

ドライフルーツ、小腹が空いた時の強い見方、、、。

ビタミン、ミネラル、色々あり、市販のお菓子を食べるより健康に良いですね。

ただし、よく原材料名をみないと、かなりの薬品づけの物を買う事になり、体にいいのか?悪いのか?分からなくなってしまいますね。

しかし、無添加のドライフルーツって普通のスーパーに置いてないことが多いです。

また、あったとしても結構お高いんです。

うちの子供も私も干し柿と干し芋が好きなんですが、結構お高いですね。

そんな訳で、今回はドライフルーツを自分でできないか?と思い色々と調べてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 


スポンサードリンク

ドライフルーツの3つの作り方

代表的なドライフルーツの作り方は、下記の3つになります。

  1. 天日干しで作る。
  2. オーブンで作る。
  3. ドライフルーツメーカーで作る。

それでは、それぞれの作り方を見ていきましょう。

天日干しで作る方法

作り方
  1. フルーツの皮をむき、4㎜くらいの大きさにカットしてザルやネットに入れてベランダ等で乾燥させます。
  2. 昼間干す様にして、夜は取り込みます。
  3. 1日に数回裏表をひっくり返して、約2週間くらいで、できあがります。
注意する事
  • りんごなど酸化しやすい物は、塩水につけてから干すと変色しません。
  • 天気の良い季節でないとカビの原因になりますので、天気をよく確認します。
  • カラスに狙われる物もありますので、注意しましょう。

(私は、お餅をベランダに干しておいたらカラスに持ってかれました。笑?)

オーブンで作る方法

作り方
  1. フルーツの皮をむき、4㎜くらいの大きさにカットして、オーブンシートにのせます。
  2. 約100℃のオーブンで40分加熱します。
  3. 裏表をひっくり返して、また、40分加熱します。
  4. 好みの固さになったらできあがりです。
注意する事
  • 加熱しすぎない様に、ときどきみましょう。
  • 二時間近くオーブンを使う事になるので、電気代が少々気になるかもしれません。

ドライフルーツメーカーを使う

作り方
  1. フルーツの皮をむき、4㎜くらいの大きさにカットして、機械にセット。
  2. あとは、お任せ。
注意する事
  • 説明書通りにすれば、得に問題ないです。
  • ただし、10時間近く稼働させるので、落ち着かないかも?気にならない人向け。

ドライフルーツメーカー私のおすすめランキング!

その1

レビューが多くて一番人気のドライフルーツメーカーです。

また、お値段も5000円以内とお買い得ですね。

 

その2

少し値段がしますが、1万円代なら納得です。

タイマーがついているので、安心ですね。

 

私の感想

なんでもかんでも、ミックスしてしまう性格の私としては、良いとこ取りで良いのでは?と思います。

なので、天日干しで2週間も干していられないという方は、できるところまで天日干しして、後の乾燥だけオーブンにすれば、時間も電気代もお得ですね。

それから、面倒な事は嫌い!ほったらかしが良いの!という方は、一度セットすれば機械にお任せのドライフルーツメーカーを使うのがおすすめですね。

まとめ

  •  ドライフルーツの代表的な作り方は3つ。
  •  気長に作る方は、昔ながらの天日干し。
  •  すぐに作りたい方は、オーブンで。
  •  ほったらかしが良い方は、ドライフルーツメーカーがおすすめ。
  •  天日干しとオーブンのミックス派もありです。

 

★うちの長男は生の果物は好きではないみたいですが、ドライフルーツなら好きなんです。

今度、挑戦してみようと思っています。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?