この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

e5c399b3201483f683e7ef7aae0d04d3_s

 

赤ちゃんの鼻って、小さくてかわいくって、触るのがこわいくらい華奢ですね。

 

冬になると風邪をひいて、鼻水を出しているとかんであげたいのですが、

うまくかめなかったり、拭くのさえ嫌がって泣いたり、、、。

 

ちょっと大変ですね。

私の友人は赤ちゃんの鼻水が出ると、口で吸い取ってましたが、、、。

 

今回は、赤ちゃんの苦しい鼻水をすっきり吸引する方法と、

おすすめの吸引器についてお話してみたいと思います。

 


スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻は大人に比べて詰まりやすい?

赤ちゃんの鼻は、小さく鼻腔も狭いため、詰まりやすいと言われています。

 

また、粘膜も薄く外部の刺激に敏感なため、鼻水も出やすいのです。

放っておくと、中耳炎等の病気になったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

鼻水をすっきり吸引する6つの方法

● 蒸しタオル

水蒸気であたためると、鼻がすっきり出てきやすくなります。

 

人肌の温度に調節した蒸しタオルを、鼻の付近に当ててあげて

鼻水が柔らかくなったら、ティッシュで拭き取ります。

 

● 入浴をする

熱もなく風邪も酷くないなら、お風呂に入れてあげると

水蒸気で鼻が出てきやすくなります。

 

湯冷めしない様に注意して。

 

● 加湿をする

部屋の湿度が低いと、喉も荒れますし鼻もカピカピにかたまりやすいです。

快適な湿度は50%から60%と言われています。

 

● スチーマー

顔から離してスチーマーをかけてあげると

水蒸気で鼻詰まりがとれやすくなります。

 

● ベビー綿棒

普通の綿棒より、赤ちゃん用に細くなっている綿棒です。

 

鼻をくすぐってあげると、クシャミで詰まっていた鼻が一気に出る事もあります。

(あまり奥に入れたり強く擦ると傷つくので注意)

 

● 吸引器

大人が吸い取るタイプと、機械で吸い取るタイプがあります。

水蒸気で蒸らしてから使うと効果的。

 

おすすめの吸引器は?

水蒸気で蒸らしたら、吸引器で吸い取ってあげるとすっきりしますね。

 

色々なタイプの吸引器が出てきますので、予算や用途に応じて

使い分けてみてくださいね。

 

● 手動タイプ

ドラッグストア等の薬局で1000円くらいで売っています。

ママが吸い取ってあげるタイプです。

 

分解して洗う事もできます。

てのひらサイズなので、旅行など持ち運びにも便利です。

 

「ママ鼻水とって」が代表的な商品です。

 

● 電動タイプ

機械で吸い取るタイプの吸引器です。

大型サイズの物が多く持ち運びには不便です。

 

一万五千円台と少々高めですが、大人も使えるので

、家族全員が風邪や花粉の時期に重宝します。

 

「メルシーポット」が代表的な商品です。

 

まとめ

  • 赤ちゃんの鼻は小さく、粘膜が敏感なので鼻がでやすいです。
  • 赤ちゃんの鼻水には、水蒸気で蒸らして柔らかくする事がポイント。
  • 用途にあわせて使い勝手の良い吸引器を買うのがおすすめです。

 

赤ちゃんの吸引器はいかがでしたでしょうか?

こまめに取り除いてあげると、病気にもなりにくくなりますね。

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

加藤じゅあん加藤じゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?