この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

夏と言えば、山!川!キャンプ!!

ですが、山や水辺には、アブがいるんですよね・・・

川遊びに夢中になっていたら、アブが近づいてきて「ブスッ!」なんてことも珍しくなく、夏になるとアブに刺される被害が多発します。

アブは、一見大きなハエのような見た目をしています。

が、刺された時の痛みは蚊や蜂とは比べ物にならないそうで、噛みつかれたような痛みが走るのだとか・・・

楽しい夏のレジャーを楽しめるよう、今回はアブに刺された時の対処法や、アブに刺されないための予防法について、ご紹介しますね。

 


スポンサードリンク

アブに刺された時の対処法

アブに刺されたら、群れで襲ってくる二次被害を防ぐため、すぐにその場所を離れ安全な場所で処置をします。

患部を水でよく洗い流す

まずは、患部をよく洗い流します。

アブの持つ痒みや流血させる成分を体外へ出すため、血を絞り出すように洗い流すとよいでしょう。

氷などで、患部を冷やし、止血する

痒みや腫れを軽減させるため、患部をよく冷やし、止血します。

薬を塗る

抗ヒスタミンやステロイド入りの薬が効果的です。

市販薬もあるので、レジャーの際は携帯しましょう。

おすすめの薬は下でご紹介しますね。

病院を受診した方がいいケース

基本的には応急処置をすれば問題ありませんが、以下のケースでは病院でみてもらった方がいいです。

  • 酷い腫れがある
  • 発熱がある
  • 小さな子供が刺された時

小さな子供は、掻きむしりにより、とびひなどにかかってしまう事もあります。

適切な処置をしてもらうため、出来るだけ早く病院を受診しましょう。

また、悪化してしまった場合や、酷い腫れ、発熱、かゆみが治まらないなどの症状がある時は、すぐに病院を受診して下さい。

応急処置におすすめ!!携帯していると安心な市販薬

アブに刺された場合、痒みを抑えるための「抗ヒスタミン」、炎症を抑えるための「ステロイド」が配合されている薬が効果的です。

個人差はありますが、完治まで1週間~1ヵ月程かかることもあるので、刺された時の応急処置がとても大切です。

ただし、ステロイドの長期使用はおすすめできません。

必ず、用量・用法を守って使用してくださいね。

市販薬の中で効果的な薬は以下があります。

ムヒアルファEX

「ムヒアルファEX」は、ひどい虫さされや、しぶといかゆみによく効くように開発されました。

タクトプラスクリーム

「タクトプラスクリーム 20g」は、かゆみ、虫さされに効く鎮痒消炎薬です。

また、殺菌剤イソプロピルメチルフェノールが、かきこわしによる二次感染を防ぎます。

ベタつかず、目立たない、刺激の少ないクリームです。

ベトネベートN軟膏

「ベトネベートN 軟膏 5g」は、しっしん、かぶれ等の皮膚の炎症に優れた効き目を発揮する軟膏薬です。

患部を保護する油性基剤なので、じゅくじゅくした患部に適しています。

また、薬ではありませんが、毒針や毒素を抜くために便利な商品としてこちらがあります。

ひとつ持っていると安心ですね。

ドクターヘッセル インセクトポイズンリムーバー

アブの生態

アブはほぼ全国に生息していて、7月~9月頃特に見られます。

雑木林の川や、田んぼなどの水辺、家畜施設などに多く生息していて、朝方や夕方の涼しい時間帯は特に活動的になります。

体調は2~3センチ程と、かなり大きいです。

見た目は巨大なハエですが、大きさだけでも近づいてきたら恐怖ですよね。

アブは、哺乳類などの恒温動物の生血を吸血します。

産卵期の近づいたメスが栄養のために吸血するのですが、蚊のように気付かれないように刺すのではなく、皮膚を切り裂いて流れてくる血を吸うので、刺されると激痛が走ります。

そのため、「噛まれた」感覚に近いと言われています。

噛まれたような痛さなんて、想像するだけでも恐ろしいですね。

 


スポンサードリンク

アブに刺されないために出来ること

夏のレジャーを楽しむためには、刺されないための予防がとても大切です。

肌の露出を控える

暑いと半袖短パンになりたくなりますよね。

でも隙を狙ってくる虫たちにとって、肌の露出は吸血のチャンスになってしまいます。

出来るだけ、肌の露出は控えましょう。

特に、接近に気が付きにくい足元は気をつけてくださいね。

黒や紺の服は避ける

蜂もそうですが、色の濃い服には特に近づいてきます。

明るい色や、薄い色の服にすると、予防になります。

虫除けスプレーをする

市販の虫除けでも、自作の虫除けでも良いので、肌に止まるのを防ぐため、身体に虫除けスプレーをしましょう。

自作する場合は、以下をスプレーボトルに入れて混ぜれば完成です。

  • ハッカ油  2~3滴
  • 消毒用エタノール  5ml
  • 精製水  25ml

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

ハッカ油を使った虫よけスプレーの作り方。この夏、効果的な使い方もご紹介!

また、殺虫スプレーも携帯していると、更に安心ですよ。

まとめ

  • アブに刺されたら、すぐにその場を離れ、洗う・冷やす・塗るの応急処置をする
  • 塗り薬は、「抗ヒスタミン」と「ステロイド」が入った物がおすすめ
  • 刺されないための予防をする

あとがき

夏のレジャーって楽しいですよね。

我が家も毎年キャンプに行くのですが、もともと虫が苦手な私には、飛んでくる虫たちは恐怖です。

幸い、今まで刺されたことはないのですが、「噛まれた痛さ」なんて、更に怖くなりました。

これからは、刺されないように、予防も徹底しようと思います。

もちろん、子供たちのためにも応急処置品も忘れずに携帯します。

楽しい夏を過ごしましょうね!

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

MAM@zouMAM@zou

二児の子育て中ママです。 天気の良い日は出来るだけ子供と同じ目線で遊びたいと思い、普段は近所の公園で子供と走り回っています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?