この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

チョコレート、、、美味しいですね?

 

あのコックリとした味、冬になるとなぜか?食べたくなりますね。

特に、疲れていたりすると美味しく感じます。

大人にとっては、癒しの味覚なのでしょう。

 

いつだったか、通訳の方が仕事の合間に脳を休ませる為にチョコレートをひとかけら食べるというのを、テレビで見た事があります。

体に良いという話も聞く一方で、子供に食べさせてはいけないという話もあり賛否両論のチョコレートです。

 

今回は、子供にチョコレートは何歳から食べさせていいのか?をお話いたいと思います。

 


スポンサードリンク

子供のチョコレートは3歳からってホント?

できれば、あまり早いうちから子供に与えない方が良いという意見が大半です。

そして、あげるなら3歳を過ぎてからというのが多いです。

チョコデビューは3歳からの3つの理由

では、どうして子供にチョコは3歳まであげてはいけないのでしょうか?

 

だいたい3つの理由があげられます。

日本では昔から「三つ子の魂百まで」と言われていて、3歳までの環境がその後の人生に大きく影響するといわれています。

 

それでは、詳しくみていきましょう。

3歳で味覚が形成されるから。

これは、良く聞く話ですね。

実際に、海外では研究結果も出ているようです。

 

オレゴン大学のコーンウェル博士の実験によると、味の好みは3歳から6歳できまり、濃い味を好むとその後肥満の原因になるとでています。

幼少期の食事が大切とよくいわれる所以です。

 

また、「粗食のすすめ」で有名な幕内秀夫氏も

「子供の味覚は自然に任せるのが良い。しかし、油と砂糖には、騙されるので注意しなくてはならない」と述べています。

3歳でほぼ乳歯がはえ揃うから。

乳歯がはえ揃うのは、だいたい2歳といわれていますが、子供によっては2歳半だったりします。

乳歯が生える前の環境から虫歯になりやすい環境にするのは、あまり良い事とはいえません。

 

 

3歳でほぼ内蔵が完成するから。

赤ちゃんの胃は未熟です。

 

そして、まだ消化酵素が働きません。

内蔵に負担のかかる油ものは、もう少し内蔵の消化機能が完成する頃がおすすめです。

 

ちなみに、子供の消化器官が大人と同じになるのは、小学生くらいといわれています。

1歳は早い?

できれば、1歳になっても、チョコはあまりあげたくないですね。

でも、上の子がいるとなかなか難しいものです。

 

私の話で恐縮ですが、うちの子達は、上の子が3歳でチョコデビュー。

下の子は1歳でチョコデビューでした。

 

上の子は、幼稚園にあがって、お友達の家で食べたのがきっかけでチョコデビューしてしまいました。

下の子は、もう少しあげるのを遅くしたかったのですが、上の子が食べていると食べたがるので仕方なくあげていました。

 

しかし、普段は極力あげない様にして、お友達が来た時だけとか、お誕生日などの特別な時だけにしていたせいか、小学生の今では、二人ともチョコはあまり好きではありません。

 


スポンサードリンク

じいじ・ばあばが勝手にチョコを上げてしまわないようにするには?

じいじ、ばあばって、良い存在でもあるし困った存在でもありますね。

特に姑の場合は、あまり強く言うと角がたつし、だからといって何も言わないと子供が虫歯だらけになってしまいそうですね。

じいじ、ばあばには「まだチョコレートはあげないでって、医者から言われているの!」と言ってしまいましょう。

医者は小児科でもいいですし、歯医者でもいいです。

 

なぜか?「先生」と名前のつくものには、弱いのがあの世代、、、。

専門家がいうのなら仕方がないと、あきらめてくれるのではないでしょうか?

基本的には、チョコは家にはおかない、大人は食べない、食べるときには隠れて食べる。

くらいの気持ちでいないと、なかなか難しいですね。

おやつの工夫

必要なければ、チョコをあげなければ良いのですが、味を覚えてしまって困っている時は、ココア等のチョコ風味で工夫するのはいかがでしょうか?

ココアをいれて、ホットケーキを作ったり、蒸しパンを作ったり、親子でクッキー焼いてもいいですね。

それから、幼児用のビスケットなら、ココア味でも胃には優しいです。

 

また、嫌いでなければ、和菓子系がおすすめです。

アンコは、甘さはあるものの油の心配はありませんね。

“チョコレート中毒”の心配は?

チョコレートって中毒になりやすいって知ってましたか?

なぜか食べると無性に立て続けにたべなくなって止まらなくなる時がありますね。

それは、チョコレートに含まれるカフェインの仕業なんです。

本能で生きている子供に、中毒性の強いチョコをあげておいて「食べるな!」というのは無理な事です。

 

また、甘いものも依存性が高い食物です。

「粗食のすすめ」で有名な幕内秀夫氏によると

「人間は長い歴史の中では飢餓との戦いでしたので、とにかく人間は甘い物や脂物をおいしいと本能的に感じる様にできているといわれています。

ですから何もなかった昔ならともかく、飽食の時代の現在においては子供を中毒にさせてはいけません。

甘い物を食べさせたかったら、干し芋、干し柿、ドライフルーツをあげましょう。

ちなみに、うちの長男は中学生ですが、干し芋、干し柿が大好きで、なぜか?

おやつに干し芋を食べています。

チョコレートは虫歯になりやすい?

チョコレートは虫歯になりやすいです。

その他、砂糖がはいっている物はすべてです。

ここで、面白い本をみつけたので紹介しましょう。

「歯医者が虫歯を作っている・著・長尾周格・出版・五館」

この本によりますと

「太平洋諸島に貿易船が頻繁に到着し精糖が大量に輸入されると原住民のあいだに虫歯が増え、その後、貿易船が来なくなるとともに虫歯の進行も止まった」

とあります。

つまり、虫歯の原因は砂糖なのです。

どうしてもチョコをあげたければ砂糖なしをあげるといいかもしれませんが、たぶん苦くてまずくて子供は食べないでしょう。

苦いチョコをあげておいて、チョコは不味い物だと覚えさせるのも悪くないかもしれませんね。

チョコレートは肥満になりやすい?

チョコレートは肥満になりやすいです、これも砂糖の仕業です。

「砂糖は簡単に手に入る麻薬だ!」と専門家もいるくらいなの注意が必要です。

ポリフェノールや栄養と色々いわれていますが、それはカカオの栄養お話ですので砂糖のないものや少ない物を選ぶようにすると良いと思います。

(砂糖が少ないと、たぶん、苦くてあまり美味しくないと思いますが、、、)

チョコは特別な時にだけにしよう

子供のチョコレートはいかがでしたでしょうか?

「チョコレートが食べたい!!」とマーケットのお菓子売り場で泣き叫ぶ子供を

とめる事は大変です。

だったら、最初からあげなければ良いのです。

そうなると大人も大変ですが、、、。

私の幼稚園時代のママ友はチョコをみせると「これは辛いので大人しか食べれないの!」といってあげてない人がいました。

ママ友にもよりますが、なるべく普段チョコはあげないようにして、お誕生日とかクリスマスとか特別な日だけにするといいですね。

そう、昔のチョコレートが高価だった時代の様に、チョコレートは特別な日の食べ物という認識を持たせるといいのかもしれません。

まとめ

  • 子供のチョコレートは3歳から。
  • 特別な日以外は、チョコをあげない工夫をする。
  • チョコ味が欲しい時は、ココアを使ってお菓子を作る。
  • チョコ味が欲しい時は、幼児用のお菓子を使う。
  • 甘い物が欲しい時は、和菓子を使う。

 

★子供のチョコレートは、いかがでしたでしょうか?

子供の体には、少し負担がかかるチョコは、大人になってからのお楽しみに。

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

加藤じゅあん加藤じゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?