この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

先日、妊婦のママ友から「新生児を迎える準備しているので、どんなものがいいのか教えて!」と質問がありました。

もう、すっかり忘れていたので「何が便利だったのかな?」と、思い出しながら答えました。

 

今日は、私が実際に便利で必要だと思ったものをリストにしました。

先輩ママの経験談と共に、あなたの参考になればいいなと思います。

 


スポンサードリンク

まずは入院生活での必需品

妊娠後期になったら、常にバッグに入れて置くと安心な入院手続きに必要なリストです。

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑

そして、入院準備は、28週目ごろから用意をし、32週目には完了を目指し下さい。

いつ入院生活が始まってもいいように、バッグや小さなスーツケースに詰めておくことをオススメします。

私の場合、入院準備に手間取り、35週目でやっと荷造りした次の日に破水したので、ギリギリでした。

病院によって、1セット用意されていところもあります。

しっかりと確認するとムダがないですよね。

また、足りないと、院内の売店で購入できるようですが、若干割高の上、品揃えは期待できないようです。

パジャマ

前開きで授乳しやすく、赤ちゃんにとっても肌触りのよいもの。

カーディガン

部屋の温度が合わなかったり、夜の授乳は身体が冷えることがあるので要準備。

スリッパやソックス

寒さ対策だけでなくむくみ取りソックスもお勧め。

産褥(さんじょく)ショーツ

病院から持って来るように書かれている場合もある。

産後直後の身体は思うように動かないので、2枚ほどあると便利。

ちなみに私は帝王切開でしたが、生理用ショーツで代用しました。

お産パッド

始めの数日は大量出血の為悪露(おろ)専用パッドを準備。

その後は生理用ナプキン夜用で代用も可。

ナプキンは余っても使えますね。

授乳用ブラ

初めから母乳が出るママは少ないそうです。

でも、産後は授乳の練習をたくさんします!

母乳パット

入院中は中々洗う機会がないので使い捨てがオススメ

曲がるストロー

水=母乳なので、たくさん飲むように勧められます。

でも、思うように身体が動かないので、あれば便利でしょう。

 

そのほかには、

  • カメラ
  • ビデオカメラ
  • タオル
  • 洗面用具
  • スキンケアなどの基礎化粧品
  • ハンカチ
  • 筆記用具など

やっと病院での生活終わり!退院時リスト

これからは、自宅または実家で生活が始まります。

病院では支給されていたものは忘れがちです。

赤ちゃんの紙おむつ/おしり拭き

入院中は産院から頂けるところが多いようです。

しかし赤ちゃんはすぐ大きくなりますので、新生児用オムツは1パックでいいでしょう。

ちなみに私の子供達は4キロ前後でしたので、新生児用は買いませんでした。

おくるみ

お祝い品でもらいましたが重宝しました。

気候に応じて必要です。

また時期によってはバスタオルでも。

個人的なお勧めはコレ。

授乳前に包み、そのまま寝かしつけができます。

ママの退院用ウェア

まだ、マタニティーウェアーの方がいいでしょう。

特にゆるい服装がお勧めです。

赤ちゃんの肌着・ドレス

初めての外気で赤ちゃんも疲れてしまいます。

写真撮影やドレス着用よりも、自宅直行をおすすめします。

ベビーカー・チャイルドシート・抱っこ紐

まずは病院から自宅や実家への交通手段に応じて購入しましょう。

産後数週間は長時間の縦抱きをあまり推奨していません。

徒歩、または公共交通機関での帰宅の場合で、抱っこ紐なら横抱きもできるものがいいですね。

首が座ってからなら、断然エルゴがよかったです。

2人目のときに買いましたが、なぜ1人目で買わなかったのかと後悔したくらいです。

入院費用

大金なので、退院時、家族に持ってきてもらうか、振込みをお勧めします。

さて、育児が始ります!何が必要?

ママが育児しやすいように、自分で計画的に出産時までには準備できると良いです。

でも、退院後でも間に合ったり、代用できたり、レンタルしたり、譲ってもらえたりするのでゆっくり焦らず準備して下さい。

短肌着/長肌着

娘は夏生まれ、息子は冬生まれなので、季節に応じて5枚ずつほど揃えました。

首が据わっていないので前空きが使いやすかったです。

ツーウェイオール

オムツもれやゲップでミルクがこぼれたりと1日何度も着替えが必要な日があります。

最低5枚はあるといいですね。

ミトン

赤ちゃんのつめは本当に早く伸びます。

うっかりしてるとすぐ顔を引っかいていました。

寝るときは、手をおくるみで包むかミトンの使用をお勧めします。

帽子/ソックス

我が子たちは、帽子が嫌いでせっかくもらった帽子もまったく使わずでした。

寒さしのぎにはいいかもしれませんが、赤ちゃんにおしゃれは通用しないようです。

セレモニードレス

お宮参りなどで着用する特別なドレス。

レンタルも可です。

ベビーベッド/布団セット

大型の犬などがいる場合は便利かもしれません。

また、一緒のベッドや布団でないと寝ない子かもしれませんので、まずはレンタル、という方法もあります。

オーガニックコットンでできた、こちらのお布団もおすすめ↓

Hash kuDeのオーガニックコットン布団が好き! 日本製だからやっぱり人気!

肌掛け布団/毛布/タオルケット

お昼寝やあたたかさの調整にあるといいかもしれません。

我が家では、すぐ汚れるので、すぐ洗えるように、おくるみやバスタオルで応用してました。

防水シーツ

実家に泊まりにいくとき、オムツ漏れの心配などで1枚あると安心です。

新生児にはあまり枕は必要ありません。

年齢によって買い足せば間に合います。

どうしても必要な場合は薄いタオルを折って代用可です。

新生児の枕についてはこちらの記事を参考にしてください。↓

赤ちゃんの絶壁頭は枕が原因?予防法は?オススメのベビー枕もご紹介!

赤ちゃんを枕なしで寝かせるのはダメ?メリット、デメリットは?

布おむつ/おむつカバー

めんどくさがり屋の私は一切使いませんでした。

布おむつは、オムツが取れるのが早いと言う迷信も個人差があります。

過信せずできることをやればいいと思います。

おむつ用バケツ

くさいオムツはすぐ外へ出せればいいですが、そうもいきません。

量もあるので、専用に用意したほうが無難です。

市販のゴミ袋に対応したものがおすすめ。

専用の袋は結構高くつきますので。

おむつかえシート

通常防水なので、オムツ代えの粗相もなんとかなります。

お出かけ用に2つ用意していると便利ですね。

ベビーバス

プラスチックのバスタブは、場所も取るし結構面倒です。

レンタルも可能ですが、個人的には、空気を入れれば膨らむバスタブをお勧めします。

収納も便利ですし、実家でも自宅でも持ち運び便利です。

ベビー用ソープ/シャンプー

はじめの数ヶ月は、肌が敏感ですのでお湯だけでもいいという赤ちゃんが多いです。

でも、肌の関係で使用する場合は、泡の出るタイプがいいですね。

ベビー用オイル/ローション

お風呂上りには身体に優しいローションを塗って保湿に心がけましょう。

また、オイルは頭皮にかさぶたができる(乳児湿疹)とき、ふやかして取ることでスルリと取れたりします。

1本あると重宝します。

ガーゼハンカチ

バスで赤ちゃんをやさしく洗ったり、授乳中に口を拭いたりと何かと便利です。

赤ちゃんの肌は敏感です。

こすらないでくださいね。

バスタオル

我が家はあかちゃん用に新しく購入しました。

大きくて包み込めるようなものがよいでしょう。

ベビー用体温計

少し熱っぽいとか、いつも触ってるあかちゃんですからすぐ気づくと思いますが、念のため、あると安心です。

よく動く赤ちゃんですから、耳ですぐ測れる体温計がお勧めです。

我が家は小学生になってもこれを使っています。

ベビー用つめ切り

赤ちゃんの爪ってびっくりするほど、あっという間に伸びます。

切らないと引っかきますので、あると便利です。

また、赤ちゃん用が使いやすくて安全です。

鼻水吸い器

風邪を引くと鼻が詰まるのは普通です。

でも、赤ちゃんですから、鼻がかめずに苦しそうなので、我が家では毎回これを使用してました。

泣くわめくで大嫌いでしたが、しないよりましでした。

おわりに

張り切ってそろえた割には、未使用の物もはじめはありました。

また、全て揃えた後に、「お祝い何が欲しい?」と聞かれて第一声が「紙おむつ!」と言うくらい、紙おむつのお祝いは喜ばれると思います。

レンタルや譲ってもらえるものなど、使い分けて選ぶといいですね。

 


スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?