この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

赤ちゃんといえば、しっとりもちもちのお肌のイメージですが、赤ちゃんの肌荒れがなかなか治らない!と困っているお母さんはいませんか?

きれいに洗ってあげて、肌だってしっかりケアしているのに、なかなか治らない。

また、一度病院で薬を処方してもらいきれいになったのに、気づいたら肌荒れを繰り返してしまう。

もう、肌荒れって、本当に厄介ですよね。

赤ちゃんの栄養と言えば母乳やミルクですよね。

そうなると、肌荒れの原因は母乳やミルク?!

という事で、今回は赤ちゃんの肌荒れと母乳の関係について、お話しますね。

 


スポンサードリンク

赤ちゃんの肌荒れとは?

実は、赤ちゃんの皮膚って、とても薄いので大人以上に肌荒れしやすいんです。

赤ちゃんの肌荒れの原因は様々ですが、多くは、乳児期までに現れる湿疹である「乳児湿疹」が原因です。

乳児湿疹には、以下のような症状があります。

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)

赤ちゃんの肌荒れ原因で、特に多いのが「乳児脂漏性湿疹」です。

乳児脂漏性湿疹は、お母さんのおなかの中にいるときに受けたホルモンの影響で、生後間もない時に出る湿疹の事を言います。

乾燥・あせも

ホルモンの影響が落ち着いてくると、乾燥やあせもが原因で湿疹が出ることがあります。

乾燥やあせもは、肌を清潔にし、保湿などのケアがとても大切になります。

アトピー性皮膚炎・食物アレルギー

乳児脂漏性湿疹ととても症状が似ていますが、顔や頭以外に湿疹ができたり、強い痒みなどを伴います。

以上の症状があるときは、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの可能性があります。

症状の改善されない湿疹があるときは、皮膚科で相談してくださいね。

赤ちゃんの肌荒れの原因が母乳って本当?!

乳児湿疹は、生後間もない赤ちゃんに出やすい湿疹で、赤ちゃんの肌荒れの原因が必ず母乳ということではありません。

でも、いろいろ試しても赤ちゃんの肌荒れが改善されないとき、母乳の質を見直してみるのも方法では?と思うのです。

大人でも、口にするものが肌に影響することがありますよね。

体に良い食べ物、肌に良い食べ物を積極的に摂りいれると、肌つやが良くなることってありませんか。

同じことが赤ちゃんにも言えるのではないでしょうか。

離乳食前の赤ちゃんの栄養源といえば、母乳やミルクですよね。

赤ちゃんに野菜の栄養を多く摂ってほしいとき、母乳育児の赤ちゃんであれば、お母さんから貰うしかありません。

そうなると、お母さんの母乳の質を見直すことも、赤ちゃんの肌荒れを改善する、一つの方法になると思うのです。

もちろん、特に何もしていなくても、赤ちゃんに肌荒れが出ないこともあります。

(我が家がそうでした。)

お母さんがどんなに食生活に気をつけていても、赤ちゃんのスキンケアをしっかりしていても、赤ちゃんに肌荒れがでてしまうこともあります。

なので、色々試しても改善されないとき、ひとつの方法として試してみてはいかがでしょうか。

 


スポンサードリンク

赤ちゃんの肌荒れ改善のために、お母さんが出来ることはある?

上記でもお伝えしましたが、「母乳が原因で肌つやが良くなる」ことはあると思います。

そのために、お母さんにはどんなことができるのでしょうか。

油分や、脂質の多い食べ物は控える

バターや生クリームを多く使った食べ物、揚げ物、脂質の多いお肉などは、赤ちゃんの毛穴がつまりやすくなったり、皮脂多加になる可能性があります。

毛穴のつまりや皮脂は、肌荒れの原因になるので、摂りすぎに気をつけてくださいね。

糖分が多い食べ物は控える

糖分の取りすぎは、肌を乾燥させます。

これ、あまり知られていないですよね。

乾燥した肌は、乾燥を防ごうと皮脂を多く出します。

その皮脂が、肌荒れの原因になる可能性があるのです。

カフェインを摂り過ぎない

カフェインには利尿作用があります。

利尿作用によって、体に必要な栄養分までもが、対外へ出されてしまうことがあり、肌荒れにつながることがあります。

もちろん適量(1日コーヒー2杯程度)であれば影響はないとされていますが、摂りすぎには気をつけてくださいね。

野菜や魚、大豆製品を積極的に摂る

ビタミン類が多く含まれる野菜、良質なたんぱく質やミネラルを多く含む大豆製品、DHAやタウリンが豊富な魚は、肌荒れの防止だけでなく、免疫力UPなどにも効果的です。

ぜひ積極先に摂ってくださいね。

まとめ

  • 赤ちゃんの肌荒れの原因、「乳児湿疹」は乳児期特有の症状
  • 母乳の質を改善することで、赤ちゃんの肌荒れが改善されることがある
  • 母乳の質を改善するためには、お母さんの食生活の見直しが大切

あとがき

赤ちゃんの乳児湿疹が、どんなときに出たり悪化するのか、お母さんの食べたものと合わせて記録すると、肌荒れの原因がわかることもあるんですよ。

ケーキを食べたとき・から揚げを食べたときなど、原因がわかれば肌荒れの改善を助けることができますよね。

もちろんお母さんの食事だけが原因ではなく、乾燥や汗などが原因のこともあります。

でも少しでも赤ちゃんの肌荒れが改善されるなら、お母さんの食事を見直してみるのも良い方法だとは思いませんか。

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

MAM@zouMAM@zou

二児の子育て中ママです。 天気の良い日は出来るだけ子供と同じ目線で遊びたいと思い、普段は近所の公園で子供と走り回っています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?