この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

母乳の出を良くするためには、「授乳回数やお母さんの生活習慣の見直しが大切」と、よく耳にしますよね。

もちろん大切なのは分かっているんです。

 

赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで、お母さんの脳にミルクをもっと作るように信号が行きます。

それに、お母さんの食生活の乱れや、睡眠不足が原因で、大事な信号が上手に届かなくなることもありますからね。

 

でも、お母さんは、赤ちゃんのお世話が大変です。

どうしても、自分の事は後回しになっちゃいますし、どんなに頑張っても母乳が出なくて悩んでいるお母さんも、少なくないですよね。

 

・・・実は、私にも経験があります。

今回は、母乳が出ない原因や、母乳の出を良くするために出来ることをお話しますね。

 


スポンサードリンク

母乳育児が大切な理由とは?

(1. 赤ちゃんとお母さんのスキンシップ

私、一番大切な理由はこれだと思うんです。

赤ちゃんが、お母さんのぬくもりや匂い、心臓の音、顔や声を近くで感じることの出来る大切な時間です。

お母さんにとっても、赤ちゃんを近くで感じることの出来る大切な時間です。

赤ちゃんとお母さんのスキンシップを大切にすることで、信頼関係や愛情が強くなっていくのではないでしょうか。

もちろん、混合ミルクでも、ゆっくりお母さんに抱っこされて、お母さんを近くに感じる時間があれば大丈夫ですよ!

(2. 消化吸収がよく、赤ちゃんに優しい

消化機能の未熟な赤ちゃんにとって、一番優しい食べ物が母乳です。

粉ミルクは、間隔を開けてあげるように指導されますが、母乳は欲しがるだけあげて良いと言われますよね。

母乳は、消化機能の未熟な赤ちゃんでも、しっかり栄養をと水分を吸収出来る万能ミルクなんです。

この部分だけは、粉ミルクでは勝てないんですよね・・・

(3. 免疫力がつく

産後5日程の間分泌される初乳には、生後間もない赤ちゃんが、健康に元気に成長するために必要な、栄養と免疫物質がたっぷり含まれています。

また、初乳には赤ちゃんの胎便の排出を助け、新生児黄疸を防ぐ効果があるので、初乳は是非飲ませてほしいミルクです。

でも、時間とともに母乳に含まれる免疫物質は減っていくので、母乳の量が減っていても、初乳を飲んでいれば心配はいらないんですよ。

(4. 産後のお母さんの身体の回復を助ける

お腹の中で赤ちゃんを包み守るために、大きくなったお母さんの子宮。

産後は少しずつ元も大きさにもどっていくのですが、赤ちゃんがおっぱいを吸う事で、子宮の収縮を助けます。

赤ちゃんがおっぱいを吸うたびに、下腹部が傷むのはそのためなんですよね。

また、妊娠中に増えた体重が戻りやすくなったり、起き上がらなくても母乳をあげることが出来るので、身体を休める手助けにもなるんですよ。

母乳が出ない原因

(1. 授乳回数が少ない

授乳回数が少ないと、母乳はどんどん作られなくなってしまいます。

生産量の増える6ヶ月頃までは、回数を多く・時間長めにすることで、母乳の出が良くなる可能性があるんです。

出が悪いからと、飲ませなくなってしまうと、生産量はどんどん減ってしまうので気をつけてくださいね。

一日の目安は、8回~12回、左右それぞれ10分程です。

赤ちゃんが小さいうちは、上手に飲めず時間が長くなってしまったり、おっぱいが痛くなってしまう事もありますが、赤ちゃんとお母さんの負担にならない程度にして下さいね。

(2. 生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、母乳の出にも影響してしまいます。

食生活の乱れや、睡眠不足を改善することで、母乳の出が良くなることがあります。

そうはいっても、育児や家事をしながらの改善は難しいですよね。

改善しないと!と気を張って、ストレスになってしまわないように、出来ることから始めてみませんか。

(3. ストレス

ストレスでホルモンのバランスが崩れてしまうと、母乳の出が悪くなることがあります。

常に赤ちゃんと一緒なので、産前のような自由は利かないですよね。

ですが、赤ちゃんと一緒に散歩に出て季節を感じたり、たまには赤ちゃんを預けて一人の時間を作ったり、赤ちゃんが寝ている間にカフェタイムでほっとしたり・・・

どんなことでも良いので、リラックスタイムを作ってみてはいかがですか。

(4. 体質

こればっかりは、難しい問題です。

どんなに頑張っても母乳が出ないこともあるんです。

そんな時は、「体質だからしょうがない!」と少しあきらめて、母乳と粉ミルクの混合で育児をしちゃいましょう。

足りない母乳をあげ続けるより、赤ちゃんにもお母さんにも負担にならないと思いませんか。

悩みすぎてストレスをためては、もっと出なくなってしまいますよ。

 


スポンサードリンク

母乳の出を良くするために出来ること

母乳の出が良くなる食材を取り入れる

  • 白米などの炭水化物
  • 白菜、ほうれん草、ねぎなどの冬野菜
  • 芋類、ごぼう、人参、大根、レンコンなどの根菜類
  • おやつには、母乳の分泌を高める和菓子を取り入れる

赤ちゃんと一緒にお昼寝して、少しでも睡眠不足を解消する

夜たっぷり寝るのは、授乳もあるし、難しいですよね。

そんな時は、赤ちゃんと一緒にお昼寝しちゃいましょう!

水分をしっかり摂る

水分は意識してとらないと、実は足りていないことが多いんです。

1日に3リットル以上は意識して摂るようにしましょう。

私は、常にコップやストローを指したペットボトルを、手の届くところに置くようにしていました。

母乳の出が良くなるお茶を飲む

たんぽぽ茶
ラズベリーリーフティー
フェンネルティー

下の子が助産院での出産だったのですが、食事の時は必ずたんぽぽ茶でした。

癖もなく、飲みやすかったです。

まとめ

  • 母乳育児は、赤ちゃんにもお母さんにも優しい
  • 母乳が出ない原因は、授乳回数・生活習慣・ストレス・体質にある。
  • 母乳が出なくても、頑張りすぎない

あとがき

私、上の子の時は退院後、授乳の痛みに耐えられず、搾乳を飲ませていたんです。

搾乳することで、母乳の量は増えましたし、家族が飲ますことが出来るのでとても助かりました。

でも、哺乳瓶に慣れた赤ちゃんは直接飲んでくれなくなり、搾乳して飲ますので時間も倍・・・

家事などに追われるうちに搾乳の感覚が開いてしまい、母乳も出なくなってしまいました。

 

下の子の時は、助産師さんのおかげで授乳のコツをつかみ、母乳だったのです。

が、食用旺盛で足りず、混合になり、離乳食が始まると飲みたがらなくなり、あっという間に出なくなってしまいました。

 

母乳育児がこれだけ推奨されているので、周りの視線は冷たかったですね。

でも、子供たちは元気にたくましく、母の血を継ぎとても大きく育っています。

 

母乳にはメリットがたくさんあります。

でも、母乳だけでなくても良いんです。

あまり肩肘張らずに、育児を楽しんでくださいね。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

MAM@zouMAM@zou

二児の子育て中ママです。 天気の良い日は出来るだけ子供と同じ目線で遊びたいと思い、普段は近所の公園で子供と走り回っています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?