173f59571247fc14a9fb23fc93e2cfdc_s

 

親が転勤族だと、子供にどんな影響があるのでしょうか?

巷では、子供がかわいそうだとか、

子供の成長に影響があるとか色々言われていますね。

 

実際に、親が転勤族だった方は苦労していたのかもしれませんが、

私は、子供の頃とても羨ましかった記憶があります。

なぜなら、転校生って皆から注目されて、優しくされて、

「いいな〜」なんて思っていたからです。

 

でも、結婚して子供を持って、もしかしたら転勤になる事もあるかもしれない。

と考えるとそんなに簡単な事ではなかったのですね。

 

今回は、転勤の影響を抑えるヒントを集めてみました。

 

[ad#co-1]

スポンサードリンク

転勤の子供への影響

転勤で何が心配か?と聞かれたら、一番は人間関係でしょう。

これは、大人も子供も同じですね。

 

やっと築いた友達関係が終わってしまい、

そして、1からやり直さなくてはならないとなると本当に大変です。

 

ましてや、子供の世界は狭く、濃厚です。

この狭いクラスという空間で、友達はできるのか?

うまくやっていけるのか?

意地悪な子はいないだろうか?色々と考えると本当に不安になりますね。

 

子供への影響を抑える

子供への転勤の影響を抑える方法、その1

子供への影響を最小限に抑える為に、親として

出来る事の一つとして、転校の時期をずらすことがあります。

 

お父さんには申し訳ないのですが、しばらくの間単身赴任をしてもらうのです。

 

そして、幼稚園児であれば、小学校に上がる時期に合わせて転校をする。

スポンサードリンク

小学生であれば、学年が変わり次の学年に進級する時期に合わせて、

転校するという手を使うのです。

 

これでしたら、いきなり出来上がったクラスの中に

無理矢理入れ込まれる訳ではないのでなじみやすいと思います。

 

[ad#co-2]

子供への転勤の影響を抑える方法、その2

さて、進級に合わせて転校したので、スタートラインという点では、

他のお友達と一緒になりました。

 

後の一押しは、親であるお母さんの出番です。

 

引っ越してきて間もなくて、特に仕事もしていないのであればチャンスです。

学校や幼稚園のサークルやPTAなどに積極的に参加しましょう。

 

地域によっては、子供会も活発かもしれませんね。

そして、嫌がらずに役員をやりましょう。

そうして、子供会やサークルや学校行事に参加していると

自然と色々な情報が入ってきたり、お友達が出来たりします。

 

親同士が仲良ければ、自然と子供同士も仲良くなるものです。

「子供には親が一生懸命活動している姿を見せる事が一番!です。」

 

因みに私は、転勤ではありませんでしたが、子供が幼稚園の時に、

なかなか馴染めず、お友達ができず、一人ポツンとしている事が多かったのです。

 

そこで、私は幼稚園のサークルに入り、幼稚園の役員を積極的にやるようにしたのです。

そうしたら、自然と子供もお友達ができはじめて、嫌がっていた

幼稚園にも行ってくれる様になり、今では楽しかったと言ってくれる様になりました。

 

まとめ

転勤というと、子供に与える影響が心配ですが、

時期を上手く調整して、積極的に地域の行事や学校役員などに

参加する様にすると、親も子も良い影響があります。

 

[ad#co-3]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?