この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

私の住んでいるオーストラリアはもう冬模様です。

娘を学校に送るときにふと気づくと、娘の足が乾燥して真っ白だったりで、まだまだ保湿が必要だと感じる毎日です。

最近、2人目を産んだ友人は、「やっと2人の育児に慣れてきたけれども、保湿をよく忘れてしまう」と言っていました。

子供が多くなればなるほど、朝の支度やお風呂上りはバタバタですよね。

近くで世話をしているからこそ「赤ちゃんの肌みたいになりたい!」と思うくらい、モチモチしてキレイな肌だから「保湿なんかいらないんじゃないか」と思いがちですよね。

でも、違うんです。

むしろ、生まれたばかりの新生児だからこそ、保湿が必要なのです。

その理由をまとめてみましたので参考にしてください。

 


スポンサードリンク

実は乾燥肌?!新生児こそ保湿が必要?

プルプルでスベスベでモチモチな肌を持つ新生児。

ずっと触っていても飽きないくらいの触り心地。

乾燥肌とは無縁だと思っていました。

でもやはりそれは、まだ生まれたばかりの新生児。

水分を皮膚内に保持する機能は、まだ未発達なのです。

たとえ、体内水分が体重の8割以上を占めるとはいえ、それを保持できる機能がなければ、すぐ蒸発して乾燥してしまうのです。

そして、水分を失った皮膚は、傷つきやすいのです。

自分の爪で軽く引っかいてしまったり、服が引っかかったりと、こんなことでも簡単に傷がつくかもしれません。

赤ちゃんの肌は、大人の肌では考えられないほどもろいのです。

大人の2倍、乾燥しているかも?赤ちゃんの皮膚ってそんなに薄いの?

実は、赤ちゃんの皮膚は、とても薄く、通常大人の肌の半分なのです。

大人さえ乾燥してしまう季節は特に、赤ちゃんの皮膚は2倍または2倍以上乾燥しているといっても過言ではありません。

また、暑い季節だからといって保湿を忘れてはいけません。

必要以上に肌を露出していると、その肌から水分が蒸発し乾燥してしまうのです。

(かといって、汗をかきっぱなしでは、汗疹になってしまいますので、調整は大切です。)

お母さんのおなかでは、羊水で皮膚も乾燥から守られていました。

外の世界に出て、直接的な肌への衝撃や紫外線、ウィルスや細菌、ほこりなど、赤ちゃんの肌にとっては未知の世界なのです。

 


スポンサードリンク

乾燥を防がないと肌荒れ?!乳児湿疹の原因にもなる?

乳児湿疹はどの赤ちゃんも通る道かと思います。

生後3~4ヵ月後は特に、皮脂の分泌が少なくなります。

その結果、水分保持ができず乾燥します。

肌荒れして乾燥した肌はとても傷つきやすいので、小さい傷からでも細菌感染します。

ウィルスや細菌が乾燥してできた傷から侵入し、風邪や下痢など病気につながる可能性もあるのです。

乳児湿疹や病気を防止するためにも、赤ちゃんの皮膚の状態を観察して、保湿調整することは大切なのです。

我が家の場合

私の育児で1番の優先順位は、赤ちゃんの睡眠=自分の睡眠でした。

できるだけ長く寝させる!という目標のために、お風呂上りにはオーガニックのラベンダーのアロマ入りのベビーローションで、ベビーマッサージをしていました。

マッサージは新生児にとって軽い運動にもなるので、寝つきがよくなりました。

さらに便秘予防にもなるし、身体全体の保湿にもなります。

また、スキンシップにもよいと思います。

結果、お風呂上りにローションやクリームを使ってのマッサージは、まさに一石四鳥でした。

朝外出するときは、日焼け止めのローションを塗っていました。

そして汗をかいたときは、こまめに着替えをさせていたと思います。

体質もあると思いますが、そのおかげか、娘も息子も乳児発疹は、本当に短期でそして軽症でした。

おわりに

赤ちゃんはまだ「痛い」とか「かゆい」とか言葉にして表現できません。

できるだけ、一番近くにいる大人が原因を取り除いていけるといいですよね。

 

赤ちゃん用の保湿剤はこちらの記事を参考に選んでください。

赤ちゃんの保湿剤おすすめランキング!安心して使える保湿剤だけ特集!

 

スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?