この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

子供と一緒に寝ていて、朝起きると、、、

布団が生暖かい、、、?レレ?ウ?キャーやっちゃったあ!

そうです、おねしょです。

なんだかよくわからないけど、忙しい時に限ってやってくれます。

「もう〜!!こんな忙しい時に!!もう!!こら!!」となる訳ですが、、、

よくありますね〜、うちもありました。

今回は、おねしょ予防と、おねしょ対策グッズをご紹介します。

 


スポンサードリンク

親戚にお泊まりすると決まっておねしょする理由

一番困ったのが、、、親戚の家にお泊りした時でした。

下の子が幼稚園のころ、「絶対におねしょしないから」と本人は自信たっぷりに言うんです。

その言葉を信じてオムツを履かせずに寝せたのですが、豪快にやってくれました。

環境が変わったのと前の晩にジュースを飲みすぎたのとがダブルでまずかったようです。

夏休みや冬休みに、親戚の家に泊まりに行く時は、子供もはしゃぎます。

久しぶりにいとこに会えて大騒ぎしたり。

食卓にもご馳走が出て、大人はお酒、子供はジュースで乾杯しますね。

で、いつもよりも開放的な気分でたくさんジュースを飲んで夜更かし。

これでは、おねしょまっしぐらですね。

寝る前にもう一度トイレに行かせるべきでした。(反省)

そして、私たち親は、主人と二人で平謝りに謝って、なんとか対処して帰ってきました。

本当に、おねしょは、いつの時代も大変ですね。

おねしょは何歳まで?

さて、いつの時代でも後始末が大変な、おねしょですが、何歳まででしょうか?

早くオムツが外れるのが良いという説やら、色々ありますね〜。

特に、年配のおじいちゃん、おばあちゃんは、早い方が良いという意見の人が多かったりしますね。

私も親戚の家に行ったりすると、よく言われました。

「まだ、オムツ外れないの?」「まだ、おねしょするの?」(幼稚園の時です。)

相手は、何の気なしに言いますがが、言われる方は、結構、辛いですね。

さて、おねしょについての意見が色々ありますが、実際はどうなんでしょうか?

「一般小児科医のための子供の心の診療テキスト:厚生労働省厚生労働省雇用均等児童家庭局」

上記のサイトによりますと、

「夜尿症というのは、5歳児で10%ある」

「治療は小学生以上を対象とする」

とあります。

つまり、小学生未満の5歳児くらいの「おねしょ」は正常ということです。

なので、目くじら立てて、怒らない事という事なんでしょうね。

私も、この手の話は、よく聞いていたので、父母や義母から「おねしょ」の事でかなり攻撃されましたが、無視していました。(可愛くない嫁ですね、笑?)

また、このサイトによりますと、

「早期のトイレットトレーニングは、便器やおまるに対する恐怖感を植え付ける」

とあり、やはり、と納得しました。

☆幼稚園くらいまでは、大らかに、いきましょう〜って事ですね。

 


スポンサードリンク

おねしょの対策どう予防する?

〜おねしょの予防〜

一般に言われている事としては、

  • 寝る前に、水分を多く摂りすぎない。
  • 寝る前に、しっかりトイレに行く。
  • 冷えは「おねしょ」の原因になるので、体を温める。

上記の様な事をやっても、出てしまうものは仕方ありませんね。

〜おねしょの対策〜

おねしょシーツを使う。

 

寝る時だけ紙オムツを使う。

 

防水パンツを使う。

 

☆5歳くらいまでは、予防して対策して、大らかに乗り切りたいですね。

まとめ

  • 5歳くらいまでの「おねしょ」は正常範囲。
  • 小学生になっても続く様なら、一度、専門家に相談しましょう。
  • 親は、怒らずに、予防と対策に力を入れましょう。

☆子供のおねしょ対策については、いかがでしたでしょうか?

5歳位までの「おねしょ」は正常と聞いて安心した人も多いのではないでしょうか?

今度、周りから何か言われたら「正常範囲です」と胸をはって言ってくださいね。

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

加藤じゅあん加藤じゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?