この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

1ac87c96eb6f2427ebea86b7eecf5e81_s

体温調節機能が未発達の赤ちゃん。

エアコンを使用する際の室温設定が難しいです。

 

大人に合わせてしまうと、体の小さな赤ちゃんは

夏は冷えすぎてしまいますし、冬は暑すぎてしまいます。

 

室温設定はどれくらいが良いのでしょうか?

調べてみました。

 


スポンサードリンク

 

赤ちゃんは大人の2倍以上汗をかく

赤ちゃんの肌は新陳代謝が活発で、なんと大人の2倍以上汗をかきます。

汗腺は、大人とほぼ同じ数があるのでとても汗かきです。

 

ですので、汗をかいたらこまめにお着替えをさせてあげましょう。

 

赤ちゃんは体温調節が苦手

赤ちゃんの体温は環境に左右されやすいです。

 

室温が高かったり・低かったり、服を着せ過ぎたり・薄着すぎると、

低体温や高体温になりやすいので注意が必要です。

(体温調節域が狭いため、低体温や高体温になりやすい。)

夏の場合の室温設定は?

夏は、エアコンの室温設定を26℃~28℃に設定し、

冷気が直接赤ちゃんに当たらないようにします。

 

大人はキンキンに冷やしたいところですが、冷やし過ぎはNGです。

 

また、環境によってエアコンの冷えムラがあります。

そんな時は、サーキュレーターや扇風機の風を壁に当てて

部屋の空気を循環させるようにすると冷えムラがなくなります。

 

そうして、赤ちゃんの体温が36度に保てるように室温を設定しましょう。

汗をかいたら、体が冷えないうちにお着替えをしてあげましょう。

 

冬の場合の室温設定は?

冬は室温設定が19℃~20℃ですと快適な室温です。

 

暖かい空気は部屋の上の部分に集まりやすいので、

夏場と同じく、サーキュレーターや扇風機が活躍します。

 

サーキュレーターや扇風機で空気を循環させると

暖かい空気が部屋の下にも巡ってくるので暖かく感じるはず。

 

室温設定を一度下げても暖かいので、

結果的に電気代の節約にもなります。

 

それから、寒いからと言って着せ過ぎと布団のかけ過ぎはNGです。

寝汗をたくさんかいて、体を冷やしてしまうと

風邪の原因になりますので注意して。

 

温度計を赤ちゃんの枕もとに用意すると良いですね。

赤ちゃんが畳の上で寝ている場合、エアコンの設定温度より

温度が低くなっている可能性がありますので、

温度計はまめにチェックしましょう。

 

冬の場合も赤ちゃんの体温は36度に保てるように設定します。

 

空気が乾燥しているので湿度にも注意して50%を保つようにしましょう。

濡れたバスタオルを部屋に干しておくと湿度を保てますよ。

 

また、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないように気を付けましょう。

 


スポンサードリンク

手足が冷たい場合はどうしたらいい?

手足が冷たいからといって温め過ぎは実はNGです。

 

手足が冷たいと、つい、靴下を履かせたり、布団をかけなおしたり、

手を布団の中に入れてあげたりしてしまいます。

 

が、赤ちゃんは肌が露出している部分で体温調節の練習をしているので、

そのままそっとしておくのがベストです。

 

手足が冷たくても、赤ちゃんが元気で食欲もあり、

ご機嫌も良ければそのままでOKです。

 

心配な場合は、体温をはかってあげましょう。

この場合も36度を保てていれば大丈夫です。

 

まとめ

  • 赤ちゃんは暑がりで体温調節機能が未発達なので室温設定に気を付けましょう。
  • 夏は26~28℃、冬は19~20℃に設定します
  • 赤ちゃんの体温を36度に保てるようにしましょう。
  • 手足が冷たい場合も、無理に布団をかぶせたり靴下を履かせたりせず、そのままで大丈夫です。

 

いかがでしたか?

暑い季節・寒い季節、室温設定に注意して

赤ちゃんを快適に過ごさせてあげたいですね♪

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?