この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

108e841e81d32e5ea840032c958f0f61_s

子供ってよく頭をぶつけますから、

時々、たんこぶを作って帰ってくることもあるかもしれません。

 

何でたんこぶって出来るのか知ってますか?

 

頭以外の場所でたんこぶはできないけどなぜ頭だけできるのか?

不思議ですよね。

 

不思議なだけでなく、頭の怪我なので

やはり心配にもなります。

 

そこで、今回はたんこぶの原因と治療方について調べてみました。

特に、育ち盛りの男の子をお持ちのお母さんは必読ですよ!

 


スポンサードリンク

たんこぶって実際なんなの?

たんこぶとは頭をぶつけた際に血管が破れ、血液やリンパ液がたまったもの。

簡単に言うと、内出血の事です。

正確には、皮下血腫と言います。

 

頭は、他の部分よりも骨と皮が近いため、

血管が破れた際に上に盛り上がってしまいます。

 

そのため、腫れ上がってたんこぶができます。

 

たんこぶは何日かすると、血管に吸収されるためなくなります。

 

たんこぶができたらどうすれば良い?処置法は?

たんこぶの処置法は全部で6つあります。

順番に見ていきましょう。

 

1.意識はあるか確認する

まず、たんこぶが出来たら、子供の意識があるか、

おかしくないかと、傷の確認をしましょう。

 

強く頭を打ち付けて意識がなくなってしまったり、

意識が飛んでしまうこともあります。

 

ですので、まずはちゃんと意識があるか、

目の焦点があっているかどうか確認しましょう。

 

他にも,

  • 頭痛
  • おう吐
  • 感覚がおかしい
  • 痙攣
  • 鼻や耳から体液が出ている

など確認しましょう。

 

特に、

  • 出血が多い
  • 昏睡状態
  • 鼻や耳からの体液の出血
  • 何かおかしいと感じた

などの場合は、危険信号なので、

迷わずに救急車を呼びましょう。

 

2.外傷ができているかを確認する

たんこぶだけでなく、傷があるのを知らずにいると、

ばい菌が入って化膿していまう危険性があります。

 

髪の毛が邪魔で見にくい場所ですが、

注意深く確認するようにしてください。

 

3.たんこぶは決して揉まずに、とにかく冷やしましょう。

たんこぶができたら揉んで治療する、という風習があります。

ですが、たんこぶを揉むのは間違いです。

 

たんこぶを揉むと、内出血をさらに悪化させることになります。

子供にたんこぶができても揉んでははいけません。

 

たんこぶの正しい治療は、とにかく冷やすこと。

患部の血流を抑え、痛みを軽減するため、できるだけ患部を冷やしましょう。

傷がある場合は、傷に気を付けながら冷やしてください。

 

たんこぶは頭部の出血にあたります。

頭部の出血の場合、全身の血が頭部にたくさん集まっているため

出血量が多くなることがあります。

ガーゼや薄手のタオルなどで傷をこすらないように、抑えながら冷やします。

 

冷やすことは止血にも繋がります。

時間は、できれば24時間~72時間程度を目標に冷やしましょう。

 

4.頭痛や腫れが酷い場合は砂糖を使う

頭痛が酷い場合や腫れが酷い場合は、

砂糖(グラニュー糖)を少量の水でといて患部に塗りましょう。

 

内出血の量が多く、皮膚の下で血やリンパ液が溜まり過ぎると、

行き場がなくなり腫れが酷くなります。

そのため、頭痛が酷くなったり腫れがひどくなったりします。

 

そこで、少量の水に砂糖(グラニュー糖)をといて、患部に塗ると効果的です。

砂糖の“細胞を柔らかくする働き(浸透圧)”が効き、痛みを軽減してくれるのです。

 

また、砂糖には、細胞を活性化する作用があるので、

傷口に塗ると、体液を吸い取って、傷の治りが早くなると言われています。

 

実際に病院で治療に使用しているそうです。

 

5.6時間は安静に過ごし、その日は入浴を控えましょう

たんこぶを治療したら、6時間は安静に過ごし様子をみましょう。

 

また、入浴をすると血流が良くなって

たんこぶが痛くなってしまいます。

 

ですので、たんこぶができたら、その日の入浴は控えましょう。

 

6. 頭を打った日から、1週間ほどは気を付けましょう

頭を強く打った場合は、1週間は子供の様子を見るようにします。

 

軽い場合は2~3日様子を見る程度で良いかもしれません。

心配な場合は、早めに病院を受診してみてくださいね。

 

!注意!非常に怖いケースがあります!

“頭を打った時は大したことがなさそうでも、

少しずつ頭蓋骨の中で内出血が起こり、

しばらくしてから急に症状が出てその時には既に手遅れ”、という事が過去にあったそうです。

また、内出血の量が多すぎると、吸収される前に血が固まってドロドロになり、

脳を圧迫し、命に関わる事があります。

 

子供が強く頭を打った時など、心配な場合は、

念のために医者にかかった方が安心できます。

 

医者に診てもらった結果、「単なるたんこぶで特に危険はない」という

診断をもらったなら、それはそれで良いことですもんね。

 


スポンサードリンク

本日のまとめ

頭を打った時は、まず、子供の様子と傷をよく確認しましょう。

⇒昏睡・耳や鼻からの出血・痙攣・様子がおかしい・大量に出血している、

などの場合は迷わず救急車を呼びましょう。

 

患部を良く冷やし、傷口には砂糖(グラニュー糖)を塗る。

6時間は安静に過ごし、当日の入浴は避けましょう。

 

強く打った場合は1週間ほど子供の様子に注意しましょう。

(軽い場合は2~3日様子をみましょう。)

⇒非常に怖いケースがあるので(前記の太字部分)必ずチェックして。

 

さいごに

頭を打つのは小さい子供に良くあることです。

ですが、頭を強く打つという不測の事態に備えて、

対処法を良く調べておくことは必要ですね!

 

私自身、調べていて驚いたのですが、砂糖(グラニュー糖)を使って

腫れをひかせ、傷の治りを良くする方法もあったんですね!

 

ちょっと驚きました!

 

長い間、腫れがひかないなどの場合も、

砂糖(グラニュー糖)を試してみると良さそうですよ。

 

それでも、長い間腫れが引かない場合は、

自分で治そうなど無理をせず、まずは病院を受診してくださいね。

 

子供が強く頭を打った場合は大人の方が慌ててしまいますが、

まずは落ち着いて応急処置をしましょう。

 

そして、良く子供の様子を観察し、“どうしても心配だな”と

思う場合は病院を受診すればいいです。

 

必要に応じてレントゲン撮影などしてくれますので

ためらわず受診してみてくださいね。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?