この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s

 

初詣に行くと、皆さん何をお願いしているのでしょうか?

きちんと、作法に則って手を叩く人もいれば、そのままの人もいて色々ですね。

さて、今回は初詣の作法と、ちょっと気になる、お賽銭の金額を調査しました。

 


スポンサードリンク

初詣の作法

鳥居をくぐる

  1. 神社に参拝する時は、まず鳥居をくぐります。
  2. 鳥居をくぐる時に、軽くお辞儀をします。
  3. 鳥居は中央でなく、端をくぐります。(参道の中央は神様が通ります。)
  4. 参道も中央でなく、端を歩きます。

手水舎(てみずしゃ※)の作法

  1. 参道の横の手水舎に行きます。
  2. 右手にもった柄杓(ひしゃく)で左手を洗います。
  3. 次に左手に柄杓を持ち替えて、右手を洗います。
  4. 次に、手に水をくみ、口をすすぎます。
  5. 最後に柄杓を縦にして、くるくる回し流れ落ちる水で柄の部分を洗います。
  6. 杓子を戻します。

※手水舎の読み方には諸説あります。

  • ちょうずや
  • ちょうずしゃ
  • てみずや
  • てみずしゃ

どれでも間違いではないようです。

伊勢神宮では、「てみずしゃ」と呼んでいます。

拝殿での作法

  1.  拝殿の前では、少し正面から横にずれて立ちます。(正面は神様です。)
  2.  お賽銭箱にお賽銭を入れます。
  3.  鈴は、がらんがらんと二回鳴らします。(神様を呼びます。)
  4.  二回お辞儀をします。
  5.  二回手を叩きます。
  6.  祈願をします。(できれば、心の中で、住所をいうと良いそうです。)
  7.  一回お辞儀をします。

参考:神社仏閣開運法 著:山田雅晴

★以上が神社での作法です。

祈願の時に、住所をいうなんて面白いですね。

確かに、神社で祈祷をお願いすると神主さんが「○○市の?○田○子は、○○なり?」なんていってますものね。

因みに、祈祷の時に住所と名前を皆の前で、いわれてしまうと、自分のお願いが、ばれてしまうので、少々困りものですが、、、。(笑?)

 


スポンサードリンク

お賽銭の金額

さて、気になるのが、お賽銭の金額。

皆、いくらぐらい、入れているのでしょうかね?

神社の人は、よく「お気持ちで」といいますね。

一般的には、ご縁があります様にとの語呂合わせで、5円玉をいれるのが良いといわれています。

5円玉だけだと、こころもとない時は、他のお金と合わせると良いのです。

ちなみに、カウンセラーの心屋仁之助さんによりますと、神社ミッションというのがあって、お賽銭箱に一万円を入れると良いのだそうです。

(余裕のある方は、お試しあれ!私は保障しませんので、ご自由に?)

 

参考文献:一生お金に困らない本:心屋仁之助

お賽銭の語呂合わせ

お賽銭の金額を縁起の良い語呂合わせで決めるのもひとつです。

縁起の良い語呂合わせ

5円→ご縁がありますように。

15円→充分にご縁がありますように。

25円→二重にご縁がありますように。

45円→しじゅうご縁がありますように。

縁起の良くない語呂合わせ

10円→とおえん。(縁が遠い)

500円→これ以上の円がない。(縁がない)

色々ありますね。

とにかく、5円玉を組み合わせると良いみたいですね。

まとめ

  • 鳥居と参道は、端をくぐります。
  • 手水舎で手を洗います。
  • お賽銭を入れて、鈴を鳴らし。
  • 二拝、ニ拍手、祈願、一拝をします。
  • お賽銭は、語呂に合わせていれます。

★初詣の作法は、いかがでしたでしょうか?

願いが叶うといいですね。

でも、健康で平凡な毎日に幸せがあるという事をお忘れなく、、、

 

参考文献:神社仏閣開運法/山田雅晴

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?