2c636d99e989baca87fccb5f1a83105b_s

 

一昨年の夏に北海道旅行に行った時に、お土産屋さんでみかけたハッカ油。

気にはなっていたけど、何となく買わずに帰ってきてしまいました。

 

それからしばらくして、大きな本屋さんの店頭での

北海道フェアなるものでハッカ油見かけました。

 

それからというもの、近所の大型スーパーでも見かけたり

いまやハッカ油がちょっとしたブームになっている事を知りました。

 

ちなみに、このハッカ油、昔っから薬局に置いてあったのって知ってました?

ひっそりと鎮座しているので、何に使うんだろう?と思っていた方も多いと思います。

 

今回は、このハッカ油について紹介していきたいと思います。

 

[ad#co-1]

スポンサードリンク

ハッカ油とは

ハッカ油は、薬局のエタノールなどの置き場で見かけますね。

ハッカとは和名で、早い話がミントです。

 

喫茶店でアイスを注文すると、たまにアイスにのっていますね。

かじるとスーッとした歯磨きの香りのする葉っぱ、あれです。

 

あの葉っぱを沢山集めて、蒸し器で蒸して出てきた煙を冷やすと、

二層の液体ができあがります。

その上の部分を取り出したのが、ハッカ油なのです。

 

ちなみに、下の部分の液体はミントウォーター(化粧水)として売られています。

要するに、水と油ですね。

水の部分がミントウォーター。

油の部分がハッカ油というわけですね。

 

お風呂での使い方

このハッカ油、色々使えますが、まずは、お風呂での使い方を紹介しましょう。

お風呂に入れるというと、入浴剤の様にドバッと入れたくなりますが、そこは注意が必要です。

 

先ほど説明しましたが、ハッカ油は油です。

水と油は混ざりません。

なので、何かに溶かさなければ、単にお風呂に膜がはった状態になります。

 

ということで、以下の物に溶かして使うと便利です。

夏場は、スーッとした清涼感があり、とても気持ちが良いですね。

 

  • お酒→100ccくらいに2滴たらして浴槽に混ぜる。
  • 牛乳→100ccくらいに2滴たらして浴槽に混ぜる。
  • 塩→大さじ3くらいに2滴たらして浴槽に混ぜる。

★ハッカ油は、皮膚刺激がありますので、顔など皮膚の弱い部分はさけて、少量からお試しください。

スポンサードリンク

★なお、肌の弱い方や乳幼児、妊産婦、授乳中の方などは商品のラベルの注意事項に従ってください。

 

[ad#co-2]

虫除けとしての使い方

夏になると登場するのが、虫!

悩まされるのも虫!

 

確かに、殺虫剤を振りまけば綺麗サッパリといなくなりますが、

虫を殺すという事は、多少なりとも自分たちにも害はあるわけで、

なるべくなら体にも優しい物を使って行きたいですね。

 

そこで、お勧めなのがハッカ油です。

 

このハッカ油、皮膚刺激が強いので、人間に使う時には注意が必要ですが、

虫除けでしたら何の遠慮もなく使えます。

 

とにかく、あのスーッとした香りが虫達は嫌いなのですから、使わない手はありません。

 

  • コバエ対策→ゴミ箱に数滴たらす。
  • 排水溝対策→排水溝に数滴たらす。
  • 洗濯対策→お洗濯のすすぎに数滴たらす。(ほのかなミントの香りで虫除け)
  • 帽子や洋服につける→皮膚にあたらない部分に虫除けとしてつけます。
  • 玄関など→水拭きできるところに、雑巾に数滴たらして掃除します。
  • 害虫の通り道に→ゴキブリ等の通り道に数滴たらします。
  • ダニ対策→布団やソファーの肌のあたらない部分に数滴たらします。

★ハッカ油は、建築建材の変色や、衣類の色落ちなどの可能性もありますので、目立たない箇所で少量試してからご使用下さい。

 

あやまった使い方をすると?

ハッカ油の注意書きをみると、

  • 肌が弱い人
  • アレルギーのある人
  • 乳幼児
  • 妊産婦

は使用しない事と書いてあります。

 

また、

  • 目や粘膜に使用しない事
  • 原液をそのまま使用しない事
  • 飲用しない事

とか色々書いてあります。

 

刺激がとにかく強いので、肌の弱い方や乳幼児は

赤くなったり、ヒリヒリしたりします。

 

あと、妊産婦さんについては、ハッカ油は通経作用といって

滞っていた月経を流してしまう作用があるので注意が必要です。

 

たまに、飲む事をすすめている文献もありますが、

かなり濃度が濃いので、胃が荒れてしまいます。

なので、飲むのであればミントティーをおススメします。

 

まとめ

ハッカ油については、いかがでしたでしょうか?

ハッカ油の注意書きをよく読んで安全に楽しく使いましょう。

 

[ad#co-3]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?