この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

4a608cbd054eb9c8fc0e20dbc664697d_s

 

かぶっておいしいですよね。

 

スープに入れたり、和風にしても洋風にしても使えます。

火の通りも早く、離乳食を作るのも簡単で便利な食材ですね。

 

かぶは、甘くてやわらかいので赤ちゃんの好きな野菜の一つです。

今回は、かぶについてお話をしましょう。

 


スポンサードリンク

かぶの旬と栄養

かぶの本来の旬は冬といわれています。

でも最近は、あまり季節に関係なくスーパーにならんでいますね。

 

ですが、やはり旬の野菜の方が、栄養価が高く、味もよく、そして安いのです。

 

それから栄養ですが、かぶにはビタミンCやカリウムがたっぷりふくまれています。

 

そして、消化酵素のアミラーゼも含んでいますので、

赤ちゃんが便秘がちな時などに使う事と良いですね。

 

かぶの茹で時間はどれくらい?

かぶは大根にくらべると、火の通りは早いです。

 

何分とはいえませんが、火にかけて透明になって串でさしてみて通れば茹で上がりです。

すぐに火が通るので離乳食には、使いやすい食材ですね。

 

かぶは離乳食にいつから使えるの?アレルギーはあるの?

かぶは、離乳食の初期から使う事ができます。

 

ただしアレルギーに注意は必要です。

かぶのアレルギーですが、アレルギー一覧表にはのっていないので

そんなに多くはないと思います。

 

が、アブラナ科の植物ですので、アブラナ科の

花粉アレルギーがある場合は注意が必要になってきます。

 

初めてかぶを与える時は、かかりつけ医のやっている時間帯にしてください。

 

そして、1日に1さじだけ与えたら、2時間様子をみてください。

2時間経って、

  • 口の回りが赤くなっていないか?
  • 湿疹ができていないか?
  • かゆがっている所はないか?

など、よく観察して問題がなければ与える事ができますので、

レパートリーに加えていきましょう。

 

アレルギーの確認については以下の記事を参考にしてください。

離乳食のアレルギーの確認と進め方。こんな症状が出たら注意。検査はできる?

 

また、アブラナ科の花粉アレルギーの場合は、

触るだけでもアレルギー反応が出る場合もあります。

食べさせれる前に、触らせてみて皮膚の様子をみるという方法もあります。

 


スポンサードリンク

かぶの冷凍方法

かぶをすぐに食べてしまえれば良いのですが、大量にもらってしまった時や、

大きいかぶをまるごと買ってしまった時には冷凍が便利です。

 

かぶは加熱せずに、生のままでも冷凍する事ができます。

丸ごと一個冷凍してしまっても良いのですが、少しだけ使う時に困ると思います。

 

ですので、スライスしたり、離乳食用に細かく刻んだりして、

すぐに使える形にして、冷凍保存することをおすすめします。

冷凍するときは、ジップロックなどにいれます。

 

また、茹でてすりつぶしたかぶを、製氷皿などにいれて冷凍しておくとすぐに使えて便利です。

 

どんな食材でもそうですが、冷凍してあっても永久保存はできません。

早めに使う事をおすすめします。

 

特に、離乳食に使う時は衛生面を重視して、一週間を目安に使いましょう。

 

かぶの離乳食レシピ

材料:ベビー用コンソメ1個水200ccかぶ半分

(水の量はパッケージの記載に従ってください。)

  1. かぶをあらいみじん切りにします。
  2. 水を沸騰させて、かぶをクタクタに煮ます。
  3. 最後にコンソメを入れて出来上がりです。

離乳初期の赤ちゃんには、茹でたかぶをすりつぶします。

離乳食の初期にはコンソメはいれません。

離乳初期中期後期は、かみつぶす事ができる大きさにきりましょう。

 

また、コンソメのスープにアレルギーがある場合もありますので、別々に与えて様子をみます。

 

大人用の料理も、かぶや野菜をタップリ入れたスープにすると楽です。

子供と同じ食材でおいしい食事を楽しみましょう。

 

まとめ

離乳食のかぶはいかがでしたでしょうか?

  • 赤ちゃんが便秘のときには特におすすめ。
  • 生のまま冷凍保存ができます。
  • アレルギーは少ないけれども、アブラナ科の植物ですので花粉アレルギーのある場合は注意が必要です。

かぶは、すぐに火がとおるので、便利ですね。

また、かぶは甘いので赤ちゃんも食べやすいかもしれませんね。

 

今回の記事があなたのお役に立てたらうれしいです。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?