この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


授業参観…子供の学校での様子が分かるので楽しみですね。

その反面、子供も親の事を見るのでとっても緊張しますね。

休み時間になると「○○ちゃんのお母さんは?」「○○ちゃんのお母さん優しそう!」色々な言葉が飛び交いますね。

また、お母さん同士も普段子供しか行き来しないので始めて会うお母さんに挨拶をしたりします。

なので第一印象はとても大切です。

今回は授業参観の服装や雰囲気について、色々とお話をしていきたいと思います。

お子さんがはじめて入学して色々悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 


スポンサードリンク

授業参観って子供にとってはどんなもの?

子供にとって、授業参観ってどんなものなのでしょうか?我が家の長女(小学四年の娘)に聞いてみました。

「んー、自分を見てもらえるのが楽しみ!色々発表できるように頑張るね!」という優等生な発言と「あと、色々な子のお母さんを見れるのが面白い!」と摩訶不思議な答えが返ってきました。

(子供に恥をかかせないためにも、ここは頑張らねばないませんね。)

授業参観~母親の服装

授業参観のもっぱらの悩みといえば、母親の服装ですね。

カジュアルすぎてもいけませんし、派手すぎてもいけませんし、かしこまりすぎてもいけませんし、本当に悩むところです。

ポイント1 先輩ママを見習う

一番良いのは、近所の先輩ママをみるのが一番良い方法です。

子供が通っている学校が私立か公立か?また、その地域のカラーもあります。

なので一概には、この服装!ですとは言い切れないのですが、先輩ママを見て今日は参観日だなと思ったら、密かに服装チェックしてみる事をおすすめします。

ポイント2 綺麗めカジュアル

綺麗めカジュアルがポイントです。

ジーンズで行く人もいますが、派手すぎず、地味すぎず、くだけすぎない綺麗めカジュアルがポイント高いです。

ポイント3 アクセサリーはちょっとだけ

授業参観となるとここぞとばかり、色々な物をジャラジャラつけてくるママもいますが、子供から見ると「重たそう…!」なんだそうです。

トほほ?お洒落に見せるポイントは、大きな物なら一個だけです。

例えば大粒のパールのネックレスをしたら、他はつけないくらいでちょうど良いのです。

または小粒のペンダントをしたら、おそろいの小粒のピアスをするとかですね。

ポイント4 香りには気をつけよう

子供達は匂いにとっても敏感です。

ここぞと思って張り切って香水をつけよう物なら「○○ちゃんのママ臭い!」といわれかねませんので、ご注意を!それから、普段何気に使っている化粧品やヘアスプレーなども要注意です。

柔軟剤の匂いも強い物もあるので、あまり匂いのきつい物は考え物です。

分からなかったら、子供に聞いてみても良いかもしれませんね。

授業参観、母親のおすすめコーデ

ボトムス

黒、紺、茶、濃グレー等の基本カラーのスカートやパンツ等のボトムがおすすめ。

トップス

上は、サーモンピンクやラベンダーカラーの綺麗色のブラウスなどを合わせたりすると、上品でお洒落です。

気温を調節するために、カーディガンやストールなどを用意しても良いです。

おすすめのコーディネート本

一冊持っておくと、一年中使えて便利なのでおすすめです。

授業参観~父親の服装

授業参観といえば、母親が多い印象ですが、働いているママも多くなってきている関係で日曜日や土曜日に参観日を設けている学校も多くなってきています。

休日の授業参観といえば、お父さんの出番ですね。

いざ、授業参観といっても何を着て良いのか?わからない服装音痴のお父さんも多いですね~。

ですが、あまり心配しなくても大丈夫です。

授業参観、父親のおすすめコーデ

ボトムス

母親が綺麗めカジュアルなら、父親は爽やかカジュアルがポイント高いです。

ジーンズのお父さんもいますが、紺や茶色のスタンダードカラーのチノパンがおすすめです。

トップス

上はボタンダウンの水色などのパステル系のカラーシャツやポロシャツで、上にジャケットやカーディガンを羽織れば、爽やかパパさんの出来上がりです。

 


スポンサードリンク

授業参観でNGな服装

お母さんは綺麗めカジュアル、お父さんは爽やかカジュアルがおすすめです。

その反対にNGな服装といったら、家着の様なパジャマみたいなダボダボ系の服装やジャージです。

そんな親!?本当にいるの?と思う無かれ!?本当にいるんです。

骸骨柄のジャージに、サンダルで来たママさんがいますが、皆!?ビックリ!!してました。

多分、先生もビックリしてたと思いますので、ジャージにはくれぐれも注意です。

スリッパをお忘れなく

授業参観といったら、スリッパは必需品です。

ちゃっかり、学校の来客用のスリッパを履いている方もいますが、基本は自分で持って行きます。

あまり学校に行く機会のない父親は、ともかくとしても学校に行く機会の多い母親は学校用のスリッパを1つ用意しておくと便利です。

(私は学校の保護者名札とスリッパをセットにして自宅の下駄箱に置いてます。)

おすすめのスリッパ

折りたたみ系の物

可愛いリボンがついた黒や紺の折りたたみシューズは、お洒落でコンパクトです。

ヒールスリッパ

ヒールつきのスリッパだと背が高く見えて、足も綺麗に見えて素敵ですね。

色はタイツに合わせて、黒とベージュの二色用意しておくと便利です。

普通の形のスリッパ

冬の授業参観や体育館での授業参観は、とっても足が冷えます。

なるべく底の厚いしっかりした素材のスリッパがおすすめです。

まとめ

  • 授業参観の服装は先輩ママをチェックしましょう。
  • 派手すぎず、砕けすぎず、綺麗目カジュアルがおすすめです。
  • ジャラジャラとした、アクセサリーのつけ過ぎは禁物です。
  • 香りには気をつけましょう、香りの強いヘアケア剤や柔軟剤にも注意が必要です。

あとがき

授業参観の服装については、いかがでしたでしょうか?

子供って結構見ていない様でみていますね。

くれぐれも頑張り過ぎて、悪目立ち過ぎない様に、また、くだけ過ぎないようにしてくださいね。

迷ったら、子供に服を見てもらうのもおすすめです。

授業参観では、初めてお話したり、お友達になったりするお母さんもいますので第一印象は大切にしたいですね。

誰がみても、爽やかで素敵な親でいたいですね。

 

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

加藤じゅあん加藤じゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事と広告も興味あるかも?