この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

84e3027b4b1369a10ebffec41b457201_s

 

濃厚な黄色が、しっとり美味しいかぼちゃ。

自然な甘みがあって、カロチン等の栄養も豊富に含み、離乳食にはピッタリの食材です。

今回は、離乳食のかぼちゃについてお話しましょう。

 


スポンサードリンク

かぼちゃは、冷え性のママにおすすめ?

かぼちゃって栄養がありそうだけど、どんな栄養があるのでしょうか?

まず、代表的なのがカロチン、それからビタミンCやビタミンEもたっぷり含んでいますので風邪の予防になります。

昔から「冬至にかぼちゃを食べる。」という習慣も、うなずけますね。

また、体を温める作用もありますので、冷え性のママにもおすすめです。

 

丸ごとかぼちゃを買ってきたら、まずは・・・

さて、そんな栄養たっぷりのかぼちゃですが、かなり大きいので調理がなかなか大変。

丸ごとドーンと買ってきても、なかなか調理できず、しばらく放置しておくうち、

回りが白くなってダメになるなんて、あるあるですよね。

さらに酷い時にはカビ?らしき物が生えてきて、無惨な結果に終わるのです^^;

 

なので、買ってきたら早いうちに「エイヤ〜♪」と一気に調理してしまうのがポイントです。

 

かぼちゃはペーストにして冷凍が便利

かぼちゃを早く調理しなくてはならないのは分かったとしても、どうしたらよいのでしょうか?

 

一番良いのはペーストにしておく事です。

ペーストにしておけば、離乳食だけでなく、牛乳や調味料を加えれば大人用のスープになるので便利ですよ~。

よくフランス料理で出てきますような、あのオシャレなスープです。

夏は冷やして、冷製スープが美味しいですね。

 

また、アレルギーさえなければ(かぼちゃアレルギーはあまり聞かないですが)

離乳食の初期からあげる事ができますので、とても優秀な食材ですね。

 

かぼちゃをペーストにして余ったら、製氷皿にいれて冷凍しておきます。

そして、食べたい時にレンジで解凍して、離乳食や大人のスープが作れます。

 

かぼちゃをまるごと一個ペーストにした場合は、製氷皿ではなく、ジップロックが便利です。

かぼちゃペーストをジップロックに移して、平らにします。

冷凍庫に入れる前に、ジップロックを菜箸などで挟み、板チョコみたいに溝をつくるのがポイント!

凍ったまま、ポキッと折れるのでちょっとだけ使いたいときに便利です。

 


スポンサードリンク

かぼちゃのペーストの作り方

材料:

  • かぼちゃ1/4

道具:

  • ミキサー
  1. かぼちゃを3㎝角位に切ります。(あとで茹でるので、ちょっと大きくても大丈夫です。)
  2. かぼちゃを切った時に、種やワタを取り除き、皮もむいておきます。(皮を使いたい場合は少量にします。入れすぎると、苦みがでるためです。)
  3. 切ったかぼちゃを鍋に入れて、水をヒタヒタにいれて、火にかけます。
  4. ある程度煮て、菜箸が通るくらいの固さにゆであがったら、冷まします。(この時の茹で汁は栄養があるので、捨てないで取っておいてください。)
  5. 冷めたら、茹で汁ごとミキサーにかけます。
  6. トローリとしたら出来上がりです。
  7. 冷凍する時は、製氷皿に入れて冷凍すると使いたいだけ使えるので便利です。

かぼちゃスープの作り方

材料:

  • かぼちゃペースト50cc
  • 牛乳250cc
  • コンソメ一個
  • 塩少々
  • コショウ少々
  • ドライパセリ少々もしくは、青のり少々

道具:

  1. かぼちゃペーストを入れた鍋に、牛乳を入れて火にかけます。(全体で300ccになる様に、濃いのが好きな方はペーストを多めに)
  2. コンソメを入れて塩コショウを少々して、味をつけます。
  3. パセリや青のりを振りかけて出来上がりです。(分量は目分量です。コンソメの量はパッケージにしたがって下さい。)

 

離乳食のかぼちゃで注意する事

離乳食中期以降に使う時は、コンソメを少しだけ入れて薄味にします。

牛乳にアレルギーがある場合や、動物性のタンパク質をあげたくない時には、牛乳の代わりに豆乳にしてもヘルシーです。

(牛乳だと胸焼けする大人や、カロリーをおさえたい大人にもおすすめです。)

 

牛乳や豆乳にアレルギーのある場合や、離乳食初期の場合は何も入れずにペーストだけをあげます。

かぼちゃアレルギーはあまり聞きませんが、無いわけではありません。

 

どちらにしても、離乳食の初期は様子をみながら、少しだけあげていきましょう。

 

アレルギーの確認について詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

離乳食のアレルギーの確認と進め方。こんな症状が出たら注意。検査はできる?

 

まとめ

離乳食のかぼちゃは、いかがでしたでしょうか?

離乳食初期から使えて、健康にも良くて、お手頃価格で便利な食材ですね。

時間のある時に、ペーストして冷凍ストックしておきましょう。

朝は、かぼちゃスープにパンを添えて、美味しくて健康な朝食が食べられますね。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?