この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

潮干狩りのシーズンといえば、一般的なのが4月から5月の春ですね。

春は気候の良い時期でもありますが、この時期は暑かったり、寒かったりと難しいです。

日によって、また、同じ日でも時間帯によって、かなりの寒暖差があります。

最初は、寒いと思っていたら、急に暑くなってきて、、、。

なんて、よくありますね。

 

また、あまりに寒すぎて、せっかく予定していた潮干狩りを途中で中止して帰ってきてしまった。

なんて事にならない様に、潮干狩りを効率よく、そして気持ち良く過ごす為の服装についてお話していきましょう。

 


スポンサードリンク

潮干狩りは寒暖差に注意

当たり前の事ですが、潮干狩りは外です。

しかも、太陽をさえぎる物もなければ、冷たい海風を避ける物もありません。

また、混雑状況によっては、長時間開入り口に並ばなくてはなりません。

なので、用意は万全にしていった方が楽しむ事ができます。

つまり『潮干狩りの成果は服装で決まる』と言っても過言ではないでしょう。

潮干狩りに必須の服装をまとめました!

帽子

海風が強いので、飛ばされない様にクリップで止める事ができるものを選んで。

初夏の強烈な紫外線から首を守る効果がある帽子が特におすすめです。

ママにはおしゃれめ農業用帽子
パパにはワイルドなアウトドア用帽子
子供には可愛いアクアハット

シャツ

腕まくりできる長袖のシャツがおすすめ。

長袖だと寒い時や日差しが強いときに助かります。

 

子供は、急に水遊びがしたくなる時もあるので、水着という選択もありです。

その日の気温に合わせて考えてみてください。

 


スポンサードリンク

ボトム

足をまくる事ができるズボン。または、短パン。

必ず濡れますので、水陸両用のものがおすすめです。

ラッシュガード

強烈な紫外線から上半身をガードしてください。

ママにおすすめのラッシュガード
パパにおすすめのラッシュガード
女の子におすすめのラッシュガード
男の子におすすめのラッシュガード

はきもの

基本的に、クロックスの様なつま先の出ないサンダルがベストです。

ビーチサンダルだと、落ちている貝などで足を切ってしまうこともあります。

おすすめは、チルアマゾンですね。

まとめ

  • 寒暖差に対応できる様に、脱いだり着たりが簡単にできる服装がベストです。
  • 濡れないと思っていても、必ず濡れます。なので基本的に濡れても良い服装がベストです。荷物に余裕があれば、着替えは下着から持っていった方が安心です。
  • 汚れないと思っていても、かなり汚れます。なので基本的に汚れても良い服装がベストです。
  • 子供は、水着の上に防水の上着とズボンをはかせると、急に水遊びしたくなった時に、脱がせるだけなので便利です。
  • 靴は、クロックスの様な、つま先の出ない物の方が安心です。ビーチサンダルだと落ちている貝で、足を切ってしまう可能性があります。

 

☆潮干狩りの服装については、いかがでしたでしょうか?

基本的に、子供は水着の上に防水の服を着せて、大人は運動をするつもりでスポーツウェアを意識していけば、問題はないと思います。

間違っても、ハイヒールとワンピース??で行かない様に気をつけてくださいね〜。

 

潮干狩りの服装が決まったら、道具もチェックして!

潮干狩りの道具は何を使う? 熊手の種類とあれば便利な6つの道具。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こちらの記事も興味あるかも?