c5ed20decfc1b8815841f1437a3fb519_s

 

四方を海に囲まれた日本人は、昔から魚を食べて生きてきました。

日本人には魚は切っても切れないものですよね。

 

ところで魚って、離乳食にいつから取り入れていいのでしょうか?

今回は、魚の離乳食についてお話ししましょう。

 

[ad#co-1]

スポンサードリンク

まずは、離乳食にむいてない魚の種類

まぐろなどの大型の魚は、「水銀が含まれているからNG」と言われた事ありませんか?

私は、妊娠中に近所の魚屋さんで言われました。

 

初めて聞いた時は「なんで大型の魚だけ?」と疑問でしたが、最近ようやく意味が理解できました。

要するに、大型の魚は海洋汚染の影響が大きいと言う事なんですね。

 

水銀と食物連鎖

海水→プランクトン→小魚→中型の魚→大型の魚

 

この様に、大型の魚になればなるほど、水銀の濃縮と蓄積を繰り返していくというわけです。

 

そんな理由で、厚生労働省は妊婦、幼児について大型の魚は

週一回以内(100g程度)にすることをすすめています。

大型の魚の種類

  • 本まぐろ
  • インドマグロ
  • めばちマグロ
  • クロカジキ
  • メカジキ
  • マカジキ
  • サメ
  • キンメダイ
  • クジラ
  • イルカ
  • ムツ

サメとかイルカは、あまりスーパーでは見かけないので、心配はないと思います。

が、マグロやカジキ、キンメダイは普通に売っているので注意が必要ですね。

 

離乳食初期におすすめの魚の種類

ところで離乳食に魚は、いつから取り入れる事ができるのでしょうか?

 

実は、初期からあたえる事ができます。

ただし、上で書いた水銀などの理由もありますので、

魚の種類には注意が必要です。

 

では、離乳食の初期にむいている魚は何でしょう?

 

それは、小魚の代表「しらす干し」です。

しらす干しは癖もなく、骨の心配もなく、カルシウム、

タンパク質もタップリのおすすめ食材です。

スポンサードリンク

 

すりつぶすのも簡単ですし、余ったらそのままラップにくるんで冷凍できます。

離乳食の初期の魚は、しらす干しからスタートする事をおすすめします。

 

ただし、塩分が多いので必ずお湯に浸して塩抜きをしてください。

また、殺菌という意味でも加熱は必要です。

 

[ad#co-2]

アレルギーに注意

どんな食材でも、アレルギーの心配は全くないとは限りません。

最初は、かかりつけの医療機関がやっている時間帯に、一さじ食べさせてみてください。

 

それで、数時間様子をみて、口の回りが赤くなっていないか?湿疹が出てないか?など

よく観察して問題がなければレパートリーに加えてみてください。

 

アレルギーの確認について詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

離乳食のアレルギーの確認と進め方。こんな症状が出たら注意。検査はできる?

 

離乳食の中期からおすすめの魚の種類

では、次に離乳食の中期以降におすすめの魚の種類ですが、

一般に白身の魚とよばれている魚です。

 

タラなどが代表格です。

その他に、かれい、鮭、ひらめ、鯛などがあげられます。

鮭は身が赤いですが分類は白身魚です。

 

くれぐれも、塩分の高い塩タラや塩鮭はあげない様にしてください。

 

また、骨をとったり、皮取ったりする作業が大変な時は、

お刺身を加熱してすりつぶして離乳食として使うと便利です。

 

加熱して作った離乳食は、製氷皿などに入れて冷凍できます。

また、パサパサして食べにくい時には、片栗粉を使ってトロミを出して

あんかけにする方法もありますので、色々ためしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

離乳食の魚はいかがでしたでしょうか?

なんでもそうですが、これが好きだからといって、

ばっかり食べ(偏食)は良くないという理由が分かりましたね。

 

魚も野菜もお肉も色々な物を取り入れる、というのが大切なんですね。

 

参考:厚生労働省:業界類に含まれる水銀について

 

[ad#co-3]

スポンサードリンク

こちらの記事と広告も興味あるかも?