この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

0a3a944dd68dfd2c8de731d41e6d6d30_s

 

赤ちゃんって、お外大好きですよね〜。

 

家にいると喧嘩ばかりしている子供達も、お出かけとなるとルンルンでした。

なので1日一回は、必ず公園や児童館へ出かける様にしていました。

 

そして、お昼にかかってしまう時は、離乳食を容器に入れて持ち歩いていました。

 

今回は、離乳食の持ち歩きに便利な容器やグッズについてお話したいと思います。

 


スポンサードリンク

離乳食やお弁当の持ち歩きに

フードポット

 

フードポットだと液状の物が入れられるので、とても便利ですね。

 

保温機能もついているので、温かい物は温かく、

冷たい物は冷たく食べれられるのもうれしい!

 

スープなどにして大人の物も一緒にして、ママもランチを楽しんで!!

(スープマカロニ等にすれば、1つで済みますし取り分けにも便利ですね。)

 

離乳食ケース

 

その名の通り、離乳食ケース専用のケースです。

離乳食の初期や中期はこのケースに入れて持ち運べます。

 

お弁当箱

離乳食も完了期に入ると、ほとんど大人と一緒の物が食べられますね。

普通に、100円ショップに置いてある様な、お弁当箱で充分です。

 

お揃いのお弁当箱にすれば、モチベーションもアップするかも。

 

おにぎりケース

これも離乳食完了期以降に使えますね。

 

カラフルなおにぎりケースがでていますので、

具ごとに色を変えると分かりやすいですね〜。

 

普通のおにぎりもこのケースに入れると、なぜか食欲がアップします。^^

 

これも100円ショップに置いてありますね。

(結構、100円ショップ使えますね〜。)

 

サンドイッチケース

これも離乳食完了期以降に使えますね。

折りたためるケースが多いので、食べ終わったらつぶせるのも良いですね。

 

汁のでない物なら、サンドイッチ以外になんでも入りますね。

果物もサクランボなど、汁のでない物を入れると見栄えがアップしますね。

 


スポンサードリンク

小物やおやつの持ち歩きにおすすめ

ジップロック

どこでも売っていますね。

ジップロックは超便利ですね〜。

 

お菓子を入れてもいいですし、スティック状に

カットした食パンを入れても散らからないです。

 

お手拭きやおもちゃなど、食べ物以外を入れても良いですね。

 

最近は、「おやつ袋」などと言う名前で、

カラフルでかわいい絵の入ったジップロックも出てます。

何種類か買って、色ごとに入れる物を変えると何回か使いまわせてお得です。

 

ミルクケース

本来は、粉ミルクを一回毎に入れておくケースなのですが、

これもお菓子を入れておくのに重宝しました。

 

何段にも重ねる事ができるので、一段目はたまごボーロ、

二段目はお魚せんべいなど、種類のちがうお菓子を

何段かに分けて入れていました。

 

バナナケース

離乳食中だったりすると、そんなに食べないので、

お昼くらいだったらバナナ一本でも足りてしまう時がありますね。

(離乳食を作る時間がなかった時や、急に出かける事に時などに、

バナナ一本持っていくと便利ですね。)

 

ストロー付きキャップ

ペットボトルに取り付ける事のできるストロー付きキャップです。

 

これは、重宝しましたね〜。

 

子供は、ペットボトルから直接だと上手く飲めませんから大変。

だからといって毎回、ストローマグに移し替えるのも面倒ですしね〜。

 

何個か用意しておいて、汚くなったら取り替える様にしていました。

 

まとめ

離乳食初期や中期は、フードポットや離乳食ケースがおすすめです。

 

離乳食の完了期になると、大人と一緒の物が食べれるので、

色々なケースを使ってみると、幅が広がりますね。

100円ショップにも色々な小物が出ていて、

使い方も臨機応変に色々試してみると、楽ができますね。


スポンサードリンク

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?