この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

タケノコを食用としていたのは、中国と日本だけということをご存知でしたか?

最近ではタイやベトナム、フランスでも好んで食べられるようになったといいます。

 

でもまだ、私の住むオーストラリアで新鮮なタケノコになかなか出会えません。

いつも缶詰です。

 

でも、あの太くて短いタケノコ以外にも、いくつか食用のタケノコがあることを最近知りました。

もしかしたら、オーストラリアでも見落としてるだけなのかも!ということで調べてみました。

 


スポンサードリンク

孟宗竹:親孝行のタケノコ

孟宗竹(モウソウチク)は、いつも食べている通常のタケノコです。

三国時代、母親のために寒い中、タケノコを掘りにでかけたという「孟宗(もうそう)」という人物にちなんでつけられたそうです。

いい息子をもって母親は幸せですね。

 

関東地方に出回り、太くてやわらかく、また何といっても香り高いのが特徴ですね。

小ぶりでずっしり、皮はつやの良いものを選ぶと良いでしょう。

穂先が緑のものは日に当たったって育っているため、筋が固くえぐみが強いのです。

切り口はみずみずしく、根元にいぼが少なく、赤い斑点のないものを選びましょう。

淡竹:あく抜きしないで食べられる!

淡竹(ハチク)は、孟宗竹と比べてやや細めです。

孟宗竹は4月に収穫ですが、淡竹の旬は5月です。

 

あくが少なくてあっさりした味わいが特徴です。

面倒なあく抜きをしないで食べられる上に、調理も簡単です。

うぶ毛が少なく、少し太いアスパラガスのように伸び育ちます。

赤茶の皮に緑の根がなんだかきれいですね。

大名たけのこ:殿様しか口に出来ない?

九州南部の大名たけのこは、薩摩の殿様しか食べれないと有名でした。

別名「でめたけ」はクセがなく、上品で高級なたけのこです。

 

細身なので短時間の下ゆでで、簡単な処理なのです。

また、旬の短期間しか味わえない希少な旬です。

食感を楽しめるよう皮付きのままホイル焼きがおススメです。

 


スポンサードリンク

根曲がり竹:別名「姫竹」

主に東北や北海道で好んで食べられています。

たけのこが芽を出し始めたころは、雪が多く振っています。

その雪の重みで根元が曲がってしまうほどです。

これが名前の由来でもあります。

 

細身でアクも少ないので、あく抜きしないで、お味噌汁や煮物にしたりと、食べやすいのです。

また、長野や新潟の山間地では、サバの缶詰と一緒にお味噌汁に入れて食べることがあるそうです。

珍しい組み合わせですね。

まだけ:旬は6月ごろと遅め

古くから全国で栽培されているタケノコです。

1日に1メートルも伸びることがある成長力のある竹ですね。

ですから、あくが強く苦味がありますが、新鮮なものは刺身でも食べられます。

 

旬は6月ごろと遅めです。

収穫は、孟宗竹とは違い、深く掘る必要はありません。

血面近くを強く引っ張り、抜けるように取れたら食べ頃です。

逆に、まったく抜けず、硬いものは食べ頃を過ぎているということなのです。

四方竹:春ではなく秋が旬!?

このタケノコは秋から冬にかけて収穫できる珍しいタケノコです。

また産地(主に高知県)で消費されることの多かった四方竹(しほうちく)なので、この名前は初めて聞きました。

理由は、収穫後とすぐアクが出たり、皮をむくと変色したりとなかなか気難しいタケノコなので、出荷が難しかったのです。

 

下処理をした四方竹に、香りはほとんどありませんが、コリッとした食感が特徴的です。

また、ほんのり苦味が楽しめます。

ほかのタケノコとは違う時期に楽しめるというは貴重ですね。

おわりに

結構種類もあり、タケノコ=春という概念がなくなりました。

最近はあまり行ってませんでしたが、今度土曜日の朝市場に出かけてみようと思います。

新鮮なタケノコに出会えるかもしれません。

 


スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?