この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

 

日本はもうすぐイチゴ狩りの季節ですね。

前回、日本に帰国した際、いちごが大好きな子供のために、イチゴ狩りに行きました。

(私はオーストラリア在住の日本生まれ。)

 

そこには、今まで見たこともない程の太いタケノコが一緒に売っていました。

イチゴ狩りに来て、イチゴ以上に興奮しました!

 

たけのこを缶詰め以外で見たことのない子供達は、私が喜ぶ姿を不思議そうに見ていたのを覚えています。

さて、今日はどうしてそんなにたけのこが好きなのか、お知らせしたいと思います。

 


スポンサードリンク

たけのこの効能はスゴイです!

たけのこの効能:食物繊維

たけのこには、食物繊維が豊富に含まれています。

歯ごたえもありますので、炊き込みご飯などで食べると、満腹感が得られます。

万年ダイエットの私の親友であります。

 

食物繊維は、腸の中からきれいにしてくれて、便秘解消や大腸ガンの予防になります。

また、血糖値の上昇を抑え、コレステロールの吸収を防いで、便として排出しようとする動きがあります。

成人病予備軍の友でもあります。

たけのこの効能:カリウム

カリウムは、むくみ解消を助けます。

多く取りすぎた体内の水分を放出し、水分バランスを整えます。

バランスが整うと、高血圧の予防になるのです。

 

また、カリウムは筋肉作りには欠かせません。

カリウム不足では、筋肉の働きを鈍くし、力が出ません。

そして、カリウムは不足気味になりやすいのです。

汗や尿、調理などで失われがちです。

 

以下の人はなるべく気をつけてカリウムを摂取しましょう。

  • コーヒー愛好家
  • 酒呑み
  • ストレスの多い仕事をしている人
  • 高血圧、糖尿病の人
  • 塩辛いものが好きな人

5つのうち4つも当てはまる私は、自然的にカリウム豊富なタケノコの惹かれているのでしょう。

 

母親というのはストレスの多い仕事です。

できれば、毎日でも新鮮なタケノコを食べたいくらいです。

 


スポンサードリンク

子供は食べてもいいの?いつから?

こんなおいしいタケノコを子供にも食べさせたい!と思うのは自然なことです。

でも、疑問で頭がいっぱいになりませんか?

「いつから食べれるの?」

「缶詰でも大丈夫?」

「アレルギー反応はどう?」

 

一般的に、タケノコを与えていいのは、離乳食中期(生後8ヶ月ごろ)といわれています。

ただし、いくら新鮮だからといって、まだ生のタケノコや焼きタケノコは与えられません。

離乳食中期はやっと固形物も多少食べれるころです。

なので、細かいみじん切りにして調理をしましょう。

 

1歳ごろになればやわらかめの炊き込みご飯などがおススメです。

タケノコは「朝掘ったら、その日のうちに食べなさい」といわれているほど、鮮度が命です。

できれば、すぐに茹でてあく抜きをしましょう。

 

でも、子育て中はできるだけ面倒なことは避けたいですよね。

そういうときは、市販の水煮の缶詰もおススメです。

できるだけ国産を選びましょう。

たけのこはアレルギーが出にくい食材

アレルギーについて、出にくい食材といわれていています。

でも、アレルギーは人それぞれです。

出にくいだけで、出る可能性がないわけではありません。

どんな食品でもそうですが、初めて与えるときはなるべく平日の朝食か昼食にし、病院にすぐ問い合わせられる時間が良いでしょう。

また、食後の赤ちゃんの観察を忘れないでください。

おわりに

タケノコは下処理が面倒ですよね。

私もいちご狩りから持ち帰ったタケノコは、母が圧力鍋で茹でていました。

やり方は、もちろん見てません。

オーストラリアではどうせ新鮮なタケノコはたべれませんから、覚える必要がありませんね。笑

お茶碗1杯の半分はタケノコ!という盛りだくさんのなタケノコご飯をしっかり2杯たべ、結局ダイエットとは無縁の夕食になったのでした。苦笑

 


スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?