この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

スーパーに行くと、油のコーナーには色々な油が並んでしますね。

菜種油にひまわり油、サラダ油にゴマ油、etc、スタンダードなのは、こんな感じ。

少々変わったのになると、グレープシードオイル、エゴマオイル、アマニオイル色々ありますね。

でも、こんなに沢山あるけれど、何をどうやって使っていいのか?わからない!!

そんな人のために、今回は食用油について調べてみました。

これをみれば、あなたも油博士ですよ!!

 


スポンサードリンク

食用油は、大きく分けると3種類

スーパーに行くと、色んな種類の油があって、「さっぱりわからない!!」となってしまいますが、基本を知っていれば迷うことはありません。

食用油は、大きく分けると下記の3つに分類することができるのです。

脂肪を構成する物質

形状

多く含まれているオイル名

飽和脂肪酸

常温で固まっている。

動物性脂肪のオイル、牛脂、ラード、ココナッツ油

単価不飽和脂肪酸

常温で液体状である。

オリーブオイル、

サフラワーオイル

多価不飽和脂肪酸

常温で液体状である。

または、柔らかい。

大豆オイル、ひまわりオイル、

魚の油

飽和脂肪酸は、あまり取ると体によくなさそうな気もします。

日本人の栄養所要量では、摂取の目安を飽和脂肪酸を3、単価脂肪酸を4、多価脂肪酸を3、の割合で取ることを推奨しています。

参考資料↓

サトウ椿株式会社

食用油を買うときに注意すること

食用油を買うときに注意することといえば、なるべく低温圧搾法で取られた物を使うことです。

低温圧搾法とはつまり、低い温度で絞った物です。

少々値段が高いものもありますが、この方法で作られた油を選べば間違いありません。

なぜか?というとですが、油にの取り方には大きく分けで2種類あります。

薬品を使った溶剤摘出法

油を薬品を使って植物から採った後に、熱などをかけて薬品を抜く方法。

多くの油を安く沢山採ることができますが、熱をかけるので酸化の恐れがあり、薬品を使うので少々の薬品が残っているという説もあります。

価格があまりに安い油は、要注意です。

低温圧搾法

油を昔ながらの製法で、科学的処理をせず、低温でじっくりと圧搾機などで絞ったものです。

熱をかけていないので酸化の恐れはありません。

また、薬品を使っていないので、植物本来の栄養素が溶け込んでいます。

価格は少々高いですが、安心です。

菜種油のように物によっては安心で安い物もあります。

7種類の油の使い分けテクニック

〜加熱に向いている油5選〜

ごま油
太白ごま油

白ごま油は、癖がないので色々なお料理に使えます。

中華料理、天ぷら、ドレッシングなど。

髪や肌のお手入れにも使っている人もいます。

太白ごま油がお薦めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竹本油脂 マルホン 太白胡麻油 450g 1本
価格:698円(税込、送料別) (2017/4/10時点)

焙煎ごま油

焙煎ごま油は、独特の風味がありますので、風味を活かしたい時に使います。

餃子や中華料理、キンピラなど和風の物にも。

オリーブオイル

イタリアンといえば、オリーブオイルですね。

オリーブオイルは3種に分けることができます。

エクストラバージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブオイルの中でも最上級でオリーブの実を絞って濾過しただけのものです。

オリーブオイルは加熱に強いので、炒め物などにもOKですが、風味もよく、お値段が高いので、もったいないですね。

サラダにかけたり、バゲットにつけたり、生で楽しんで。

ファインオリーブオイル

バージンオリーブオイルを採った後の物を溶剤摘出して採ったオイル。

海外では食用とされていないため、国内では出回っていません。

ピュアオリーブオイル

バージンオリーブオイルと上記のファインオリーブオイルを混ぜたもの。

国内のスーパーでよく見るオリーブオイルというのがこれです。

個人的には溶剤摘出なので、あまりお薦めしていません。

菜種油

酸化しにくく、熱に強く、癖もないので、色々な料理に向いています。

炒め物、サラダ、天ぷら、焼き物、なんでも使えますね。

また、低温圧搾のものでも、低価格で購入できるので揚げ物用に買っておくのも良いですね。(スーパーのサラダ油より高いですが、、、)

私は、生協の物を愛用してますが、自然食品で有名なオーサワジャパンの菜種油も安心ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーサワ なたね油 600g[オーサワ なたね油(菜種油)]
価格:842円(税込、送料別) (2017/4/10時点)

グレープシードオイル

ぶどうの種を乾燥させて、絞ったものです。

酸化しにくく、熱に強く、癖もないので色々な料理に向いています。

炒め物、サラダ、揚げ物、焼き物、なんでも使えます。

低温圧搾の物を買いましょう。

米油

米糠から取られる油。

熱に強く酸化しにくく、癖もないので色々な料理に使えます。

揚げ物、炒め物、サラダ、なんでもいけます。

低温圧搾の物を買いましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産 圧搾 こめ油 コメーユ 450g[こめ油 米油]
価格:1296円(税込、送料別) (2017/4/10時点)

〜加熱に弱い油2選〜

亜麻仁(アマニ)オイル

今や、アレルギーなど色々な効能があるので有名になりましたが、加熱に弱いオイルです。

サラダなど生で使う料理やジュースに入れても。

荏胡麻(エゴマ)オイル

またの名をしそオイルと言います。

しそのオイルなので、アレルギーなどの効能が有名ですね。

加熱に弱いオイルです。

サラダなど生で使う料理やジュースに入れても。

まとめ

食用油については、いかがでしたでしょうか?

食用油を買うときは、なるべく低温圧搾の物を買いましょう。(別名、コールドプレス法とも言います。)

食用油は、加熱に強いものと弱いものがありますので、用途によって使い分けると良いですね。

低温圧搾の油でも、価格が高いとも限りませんので上手に使い分けましょう。

低温圧搾でも、菜種油はリーズナブルです。

あとがき

私は、ずーっとオリーブオイルは体に良いものと思っていました。

しかしながら、エクストラバージンオリーブオイルと名前のついたオリーブオイル以外は、溶剤摘出オリーブのオイルとバージンオイルを混ぜたものだったんですね。

調べてみると色々なことがわかりますね。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こちらの記事も興味あるかも?