この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

f27d3ed1965d42df1ed5400d49392cec_s

 

ずーっとおっぱいだった赤ちゃんも、6ヶ月を過ぎると離乳食が始まりますね。

でも、離乳食作りって面倒くさくて大変!!

そうでなくても夜泣きで寝不足なのに!!

 

というママに、今回は離乳食の基本の10倍粥の

作り方をいくつかご紹介していきましょう。

 


スポンサードリンク

離乳食のお粥の作り方

まず、10倍粥ですが、その名前の通り

生米1に対して水が10の割合のお粥の事をいいます。

 

離乳食の始まりの5ヶ月〜6ヶ月くらいの赤ちゃんにあげます。

 

覚えておくと、離乳食が終わってから、

ちょっとした病気の時などにも使えますので便利ですね。

 

〜10倍粥の基本の作り方〜

  1. 生米大さじ2(30cc)に水300ccを加えて
  2. お鍋でコトコトと1時間くらい煮ます。
  3. 最初沸騰するまでは強火で、後の20分は弱火にし焦げない様にまぜます。
  4. 最後の20分間は蒸らします。
  5. 柔らかくなったら、最後にすり鉢ですりつぶして出来上がりです。

以上が基本の作り方です。

 

お鍋で作ると甘くなって美味しいですね。

沢山作って冷凍しておくのも手ですね。

 

時間はあくまでも目安ですので、状況に応じて加減してみてください。

これは、時間のタップリある時に作って冷凍しておくのも良いですね。

火を使っている時は、鍋のそばから離れない様に注意して下さい。

 

レンジを使った手軽な作り方

〜レンジを使う作り方〜

  1. 炊いてあるご飯小さじ1に水30ccを耐熱皿にいれます。
  2. 500ワットのレンジで1分加熱します。
  3. 取り出したら、しばらく蒸らします。
  4. 出来上がったらすり鉢や裏ごしなどをしてなめらかにします。

ご飯を炊き忘れた!!なんて時に便利ですね。

 


スポンサードリンク

レンジを使わないのに手軽な作り方3選

〜炊飯器を使う作り方〜

1. 炊飯器に普通にお米をといでセットします。

2. そのお米の上にココット皿など耐熱の器に大さじ1(15cc)のお米に水150ccを入れたお皿をのせて普通に炊きます。

3. 大人のご飯と一緒に10倍粥が炊きあがります。

4. すり鉢や裏ごしでなめらかにします。

毎回、炊きたての10倍粥を食べさせてあげる事ができますね。

〜お鍋を使う作り方〜

  1. お鍋に炊いてあるご飯小さじ1と水30ccを入れて火にかけます。
  2. フツフツと沸騰してきたら、火を止めて数分間蒸らします。
  3. すり鉢や裏ごしでなめらかにして出来上がりです。

 

〜超手抜きの番外編〜

  1. お茶碗に炊いてあるご飯小さじ1にお湯30ccを注ぎます。
  2. しばらくふやかします。
  3. すり鉢や裏ごしで滑らかにします。

私は面倒くさがりでしたので、いつもこれでした。

柔らかさの目安はヨーグルト状です。

ベビーフードを参考に、柔らかさを確認してみても良いかもしれませんね。

生米から作る時は、1対10の割合で、炊いてあるご飯から作る場合は1対5の割合を参考にしてください。

 

まとめ

離乳食の10倍粥の作り方はいかがでしたでしょうか?

  • 生米から鍋を使って作る方法
  • 生米から炊飯器で作る方法
  • ご飯から鍋で作る方法
  • ご飯からレンジで作る方法
  • ご飯をふやかして作る方法

色々な作り方がありますね。

毎日の事ですので、自分に負担にならない方法でやっていきましょう。

 

ちなみに、私の場合は一生懸命に作ったのに食べてくれなくて、苦労しました。

無理矢理スプーンを口に突っ込んで、泣かせてしまった事もありました。

 

保健センターとかの講習に行くと、「食べさせましょう」と、

しきりに言いますが、こればかりは個人差がある様な気がします。

 

あまり食べたがらない時は、少しお休みして様子をみるという方法もあります。

無理せず、焦らず、ゆっくりと進めるのがコツです。

それでは、離乳食タイムを楽しんでくださいね。

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?