この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

4002e8411885c4f43f32bcf613eb8167_s

 

ツナ缶って、パカッと開けられて、すぐに食べられて超便利ですよね。

いろんな料理にも使えるし、おいしいです。

 

また、お魚という事で、とってもヘルシーです。

そして、お手頃価格で、家計にもやさしい優れものです。

 

今回は、そんな優等生の缶詰、ツナ缶についてお話ししていきましょう。

 

スポンサードリンク

ツナ缶の魚の種類

ところで、ツナ缶って何の魚かご存知ですか?

 

「そんなの、マグロに決まっているでしょ!」と言われそうですが、、、

そうとも限りません。

 

実は、ツナ缶には

  • キハダマグロ
  • カツオ
  • ビンチョウマグロ

の主に三種類が使われているのです。

 

これは、漁獲量に関係しているといわれています。

 

昔は、マグロのみでツナ缶は作られていました。

ですが、ツナ缶の人気が出てきたのと、

マグロの漁獲量が減ってきた事の両方の理由で、

漁獲量の安定しているカツオも使う様になってきたそうです。

 

明日スーパーに行ったら、じっくり缶の原材料を見てみると良いですね。

ちなみに、原材料がマグロのツナ缶の方が、若干値段が高いです。

 

ツナ缶の栄養

ツナ缶の栄養は、下記の様な栄養素が含まれています。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • 脂質
  • エネルギー
  • カルシウム
  • リン

〜はごろもフーズホームページ参照〜

 

〜魚の特有の栄養素〜

その他に、魚特有の栄養素の頭を良くする事で有名な物質である

  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)

が、缶詰にしても失われる事なくタップリ含まれているのです!

 

これは、ただの保存食にしておくのはもったいないですね。

 

離乳食のツナ缶はいつから?

さて、ツナ缶が体に良い事はわかりました。

 

だけど、いつから離乳食に加えていったら良いのでしょうか?

 

お魚の中でも、原料のマグロ、カツオは赤身の魚に分類される事から、

離乳食中期以降から与える事が望ましいです。

 

アレルギーの心配は?

厚生労働省の出している、アレルギー表示義務のある一覧表には載っていませんが、

魚肉は、タンパク質なのでアレルギーは比較的出やすいです。

スポンサードリンク

ですので、初めてツナ缶を与える時は、かかりつけ医のやっている時間帯にしましょう。

そして、1日1さじから与えてみて問題がなければ、日々の離乳食に加えても大丈夫です。

 

離乳食のアレルギーについて詳しくはこちらの記事をどうぞ

離乳食のアレルギーの確認と進め方。こんな症状が出たら注意。検査はできる?

 

カツオとマグロ・オイルと水煮どっちがいい?

離乳食に向いているツナ缶は、カツオとマグロどっちが良いのでしょうか?

 

言われなければ、分からないくらいなのですが、

どちらかというとマグロの方が独特のクセがないかもしれません。

 

そして、オイルと水煮でしたら、絶対に水煮です。

 

大人でもあのツナ缶のオイルは、胃もたれの原因になるくらいですから、

胃の未発達の赤ちゃんには、水煮を選んでくださいね。

 

ただし、どうしてもオイルのツナ缶しかなかった時は、

缶詰をあけたらオイルを絞り、ツナをお湯で洗うとサッパリと食べる事ができます。

 

離乳食の調理のポイント

体に良くて、お手軽で、お手頃のツナ缶ですが、

離乳食として与える時にはちょっとしたコツがあります。

 

ツナ缶を開けて、スプーンで、「はい」っとあげても、

たぶん、「べーっ」と吐き出すと思います。

 

なぜならボソボソ、パサパサしているからです。

 

どうやら、缶のままだと食べにくいようです。

しかし、あのボソボソ、パサパサ感は、料理に入れる事で感じられなくなります。

 

例えば、お粥に少し加えるとか、片栗粉でトロミを出して入れるとかです。

それから、離乳食の後期なら、お好み焼きやたこ焼きにいれましょう。

 

あとチャーハンもいいですよ。

 

今日は、何にもない!!なんて時は、ツナ缶を入れてみましょう。

栄養がアップします。

 

そして、余ったら汁を切って冷凍しちゃいましょう。

冷凍保存袋に入れておけば、使いたい時に使えるので便利です。

 

まとめ

  • ツナ缶は、マグロとカツオ両方あります。
  • 離乳食に与えるなら、中期以降です。
  • 離乳食にするなら、水煮がおすすめです。
  • 缶詰にしても、栄養は損なわれないです。
  • そのままだと、ボソボソしますが料理に入れればベストです。
  • アレルギー一覧にのってませんが、タンパク質なので注意が必要です。

離乳食のツナ缶はいかがでしたでしょうか?

便利でお手軽なツナ缶を離乳食に使ってみてはいかが?

スポンサードリンク

 

こちらの記事と広告も興味あるかも?