この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

そろそろ花粉症の季節ですね。

私は、オーストラリアに住んでいるので、花粉症とは無縁な生活です。

昔、日本に住んでいたころも花粉症ではありませんでした。

 

しかし、いつだったかの春、日本に帰国した瞬間、自分が花粉症になっていることに気がつきました。

もう、目がかゆくてコンタクトもつけられず、くしゃみがとまらなくて鼻も痛い。

 

検査をしたら、やっぱり花粉症でした。

それからは、帰国するのは春を避けました。

 

数年前、久しぶりに日本で就職が決まり、花粉症のシーズンに帰国しました。

めがねとマスクで挑んだ花粉症。苦戦はしましたが、なんとかしのげた記憶があります。

 

それに日本のメガネやマスクは本当に機能がいいですね。

そんな花粉症、最近では子供にも増えているようです。

そろそろ子供にも、日本の桜を見せてあげたいので、春に帰国したいのです。

でも、うちの子供にもメガネが必要かもしれません。

そこで調べてみました。どんなものが人気でしょう。

参考にしてください。

 


スポンサードリンク

子供の花粉症が増えている?

子供が花粉症と診断されるケースは年々増えていています。

なんと、いまや新生児の赤ちゃんでさえ、花粉症になるそうです。

 

大人だって、痛くてかゆくてつらいのに、ましてや言葉の話せない乳幼児が花粉症になるなんて、かわいそうでなりません。

花粉アレルギー症は、親子でほとんど遺伝します。

 

子供の花粉症はくしゃみだけじゃない!

さらに、子供の場合は、「くしゃみ」だけが花粉症の症状ではありません。

子供は、まだくしゃみが上手にできない場合もあります。

そんなときは、鼻呼吸ができずに、口があいたままになっている場合があります。

 

また、花粉以外にも、家の中のホコリやダニへのアレルギーということもあります。

なので、きちんと病院で検査が必要です。

 


スポンサードリンク

花粉症と診断されたら、どう対処すればいいでしょうか。

1日中、花粉から避ける生活なんて、引きこもるしかありません。

そんなこと、遊び盛りの子供には無理がありますよね。

 

花粉は日差しの強い日に花が開花し、風に乗って飛びます。

そういう日は、マスクやメガネが合理的かもしれません。

子供用の花粉症めがね。人気アイテム!

オーストラリアに住んでいると、つくづく日本の製品はすばらしいものが多いと気付かされます。

子供はいつでもアクティブで転んだりすることは日常茶飯事です。

そんな行動を予測して、フレームは折れにくく、目の周りのクッションは柔らかく、耳のカーブは微調整がきくようにできてます。

 

PCやタブレット、ゲーム機を使用する機会が多くなってきた子供には最適です。

ブルーライトも花粉もブロックしてくれるなんて、室内と室外でメガネを付け替える必要がないのです。

 

スポーツ少年少女にはこういった2WAYのメガネがお勧めです。

ゴーグルのように、どんなに動いても取れないメガネにもなって、しかもオシャレ!

おわりに

私は、花粉症の季節には、メガネやマスクとともに、鼻や目の周りにワセリンを塗っていました。

花粉が肌にくっついて、体内に入るのを防いでくれます。

試してみてください。

 

そして、花粉を払ってから帰宅し、即効でシャワー。

室内に花粉を持ち込まないよう徹底しました。

 

症状を緩和させるといわれている食品もいいですね。

ヨーグルト、凍頂烏龍茶、レンコン、紫蘇、たまねぎなどをメニューに加えて、花粉症を乗り切りましょう。

 


スポンサードリンク

 

クッキークッキー

もう人生半分以上オーストラリアで過ごしている、クッキーです。 おおらかな国での経験を生かして楽しい記事を書いていきたいです。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?