この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

a0002_010271_m

 

離乳食でトマト缶を使おうと思ってスーパーで探していたら、

一緒にいた友人にやんわり止められました。

 

「トマト缶は危険って聞いたよ。」

 

ええ?そうなの?

じゃあ、トマト缶は危険って何が危険なの?

 

もし危険なら、どういうトマトの加工商品なら安全なのか?

知りたくなって、好奇心がムクムクと湧いてしまいました。

 

というわけで、今回はトマト缶詰のお話をしていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

トマト缶は危険?

少しだけ健康オタクの私は、添加物には少々うるさいので、

商品裏の原材料は必ずみる様にしています。

(肝心な家族は無頓着で、ポテトチップスを食べながらコーラを飲んでいます。)

 

母が頑張っているのに!と腹が立ってきますが、地道に頑張りたいと思います。

 

・・・話がそれました。

缶詰を買う時には必ず添加物の有無は確認していたのですが、

缶から溶け出す化学物質までは気がつきませんでした。

 

そうなんです。

それが、缶詰の缶の内側に塗られている環境ホルモンのビスフェノールAという物質です。

 

厚生労働省もホームページで妊婦と乳幼児に注意を呼びかけています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kigu/topics/080707-1.html

 

そして、ビスフェノールAは、酸に弱く、酸で溶け出すという報告がでています。

特にトマト缶にその傾向が強いのです。

 

海外製造の缶詰のビスフェノールAの溶出量

缶詰名 ビスフェノールA溶出量
フルーツ缶 検出せず
トマト缶 0,023〜0,029ppm
ツナ缶 0,036〜0,051ppm
ミートソース缶 0,013〜0,025ppm
マッシュルーム缶 0,007〜0,009ppm

日本生活協同組合連合会ホームページより抜粋

表にしてみた感想

こうしてみると確かにトマト缶は数字が大きいので怖いですね、、、。

ツナ缶も気になります。

ただし、この表は海外の缶詰の場合で、国産の缶詰は含まれません。

 

日本では、体重が50Kgの大人の場合、2.5ppm以下なら毎日食べても問題ないとされています。

体重が5Kgの赤ちゃんなら0.25ppmになります。

 

赤ちゃんが、毎日トマト缶を10缶ぐらい食べると良くないでしょうね。

もちろん、そんなに食べる赤ちゃんはいないと思いますけど。

(大人の場合、危険なのは100缶とか・・・。別の意味で危険です。)

 

ですので、そこまで危険というわけでもないかな、という気もします。

つまりは、毎日缶詰ばっかり食べるのは良くないという事ですね。

 

「色んな物をバランス良く食べる」という感じで受け取っておきましょう。

 

代わりのトマトの加工品

まあ、中身のトマトが問題なのではなく容器が問題なのですから

代替案を考えれば良いのですよね。

 

そうすると思いつくのが

  • トマトの瓶詰め
  • トマトの紙パック
  • ドライトマト
  • 冷凍トマト

こんな感じでしょうか?

ドライトマトや冷凍トマトなら、沢山ある時に作っておくと便利ですね。

 

楽天市場で探してみたら、国産でおいしそうなのが見つかりましたよ

 

国産ドライトマトはこちら

 

 

国産の冷凍トマトはこちら

 

 

ちょっと関係ないけどおいしそうな国産塩トマト

 

 

缶詰を選ぶ時のチェックポイント

さてさて、なんだか缶詰が悪者になってしまいそうな話になってきましたが、

缶詰が全部悪いわけでもありません。(缶詰協会から苦情がきそうですね。)

〜缶詰を選ぶポイント〜

  • 外国製の缶詰は、基準が甘いみたいなので注意した方が良いかもしれません。
  • ビスフェノールは、酸に弱いので、酸味の少ない物を選ぶのがポイントです。
  • スーパーより高めですが、生協や自然食品のお店の缶詰なら安心だと思います。

 

まとめ

色々と調べてまいりましたが、これが危険だ!あれが危ない!と

言っていたら食べる物がなくなってしまいます。

 

なので、色々な物をまんべんなく食べるのが良いのではないでしょうか?

健康の為にと思って、トマト缶ばかりを食べていたら、思わぬ健康被害が、、、。

ということもあり得るという事ですね。

 

うーん、非常食の缶詰点検しましょ。っと

 


スポンサードリンク

こちらの記事も興味あるかも?