この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

赤ちゃんは汗っかきですね〜。

そんでもって、皮膚が柔らかい上に、体温が高いので、気がつくと、あせもができていますね。

あせもができると、痒くて、痛くて、機嫌が悪く、いつもピーピー泣きますね。

うちの子達も、夏はいつも大変でした。

ちなみに、うちの子達が赤ちゃんだった頃、ギャンギャン泣くので、なんだろう?と思って、見ると点々とあせもができていた事があります。

さて、今回はそんな困ったあせも対策として、あせもの市販薬のランキングを紹介してみたいと思います。

 


スポンサードリンク

赤ちゃんは大人よりあせもができやすい。

ところで、なぜ、赤ちゃんってあせもができやすいのでしょうか?

よく言われているのが、「汗腺の数が大人と同じ」だからです。

つまり、小さい面積に汗腺が密集しているのが、赤ちゃんなんですね。

よくあせもになる場所は、首回り、腕の内側、膝の裏側、背中、オムツ周りによくできますね。

〜昔から言われている対策〜

  • こまめに汗を拭き取る。
  • 服をかえる。
  • こまめにシャワーを浴びる。

とにかく、汗をかいたままにしない事と言われています。

暑い時期は、色々対策してもできてしまうものは、できてしまいます。

あせもを掻き崩してしまうと、皮膚炎など厄介な病気になりかねません。

ひどくなる前に、市販薬を常備しておきましょう。

 


スポンサードリンク

赤ちゃんあせも用市販の薬ランキング

あせもに有効なのがステロイドなのですが、有効な反面、使い方が難しい点もあります。

今回は、非ステロイドの物をチョイスしてみました。

新レスタミンコーワ軟膏/興和株式会社

以前、子供があせもになった時に、小児科で処方されたのが、これでした。

小児科に行くのも面倒だな〜という、ちょっとしたあせもにおすすめです。

大抵、どこの薬屋さんにもおいてありますね。

我が家では、なぜかいつも常備してあります。

レスタミンコーワパウダークリーム/興和株式会社

興和株式会社から出している、あかちゃん用のクリームです。

つけた後は、ベトベトせずパウダーをつけたように、サラっとしてます。

ベトベト感が苦手な人におすすめです。

ポリベビー/佐藤製薬株式会社

赤ちゃんのオムツかぶれや、あせも、というとよく聞くのがこの薬ですね。

これも、たまに使います。

大人のちょっとした痒みにも使えます。

ムヒベビー/池田模範堂

あの虫刺されで有名な、ムヒシリーズのベビー版です。

これもあると重宝しますね。

クリームタイプと液体タイプが選べます。

まとめ

あかちゃんの汗腺は、大人と同じ数があり密集しているのであせもができやすいです。

あせもの対策として、こまめに汗を拭き取り、清潔にしましょう。

初期のあせもは、ステロイド不使用の赤ちゃん用の外用薬を上手く使いましょう。

(使い勝手の良い物を常備しておくと、掻き壊さずに済みます。)

☆常備薬を使っても、なかなか治らなかったり、悪化してしまった時は、ステロイドを怖がらずに医師に相談しましょう。

私の経験ですが、ステロイドは大抵一週間とか期間が決められているので、医師の指導の元に使ったほうが、早く治す事ができます。

そのあとは、予防をしっかりする事が再発防止のポイントです。

 


スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

じゅあんじゅあんじゅあんじゅあん

興味のある分野は、なるべく自然な物を使って元気になる事。 ジャンクフード好きの主人とユーチューブ好きの長男と戦う日々。 ただし、猛烈な自然主義ではないため、普通の生活をしてます。 正統派の自然主義の知人からは「なんちゃって〜自然派」と呼ばれています。
詳しいプロフィールはこちら

こちらの記事も興味あるかも?